ポッドキャスト

ポッドキャストの収益化が難しい理由

投稿日:

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。

さて、毎朝通勤時にTBSラジオ・ポッドキャスト「東京ポッド許可局」を楽しんでいたわたくしセムですが、残念ながら去る6月30日をもって、ストリーミング配信のTBSクラウドに移行してしまいました。

移行の際にアナウンスされていたのが、「ポッドキャストの収益が難しかった」という点。クラウドによるストリーミング配信への移行を惜しみつつも、わたしもポッドキャスターのはしくれですので、TBSの気持ちも手に取るようにすっごくよくわかりました。ポッドキャストの収益化がなぜ難しいのか、そしてもし収益化(マネタイズ)するなら具体的にどのような方法があるのかご紹介していきたいと思います。

なぜポッドキャストの収益化は難しいのか: リスナーの状況が特定できないから

ポッドキャストを聞いている状況がはっきりしない

以前豆ブロでもお話しした通り、ポッドキャストのやり方によってはサーバー維持費などのお金がかかります。韓活くらいの規模でしたら個人のお小遣いレベルでなんとかなるのですが、さすがにTBSラジオクラスであれだけのサーバーを抱えているとなると、サーバー維持費だけでも相当な費用がかかっていただろうというのは容易に想像できます。

そもそもラジオの収益化を行うためにはオフラインイベントの運営などいろいろな方法があるのですが、一番大きな柱になるビジネスモデルは広告挿入です。番組内に数多くの広告が入るのはそのためです。

しかし広告主の立場からすると、リスナーの状況がつかみにくいメディアというのは配信をためらいがちです。それもそのはず、最大の広告効果が見込めないからです。

ラジオとポッドキャストの最も大きな違い

ラジオとポッドキャストの最も大きな違いが「リスナーの状況が特定しやすいかどうか」です。

ラジオの場合配信時間が決まっているので、たとえば昼間だとタクシー運転手や主婦が多い、とか夜間だと勉強している受験生やバイト帰りのフリーターなどというように、時間帯によりある程度リスナー層と聴取中の行動が予測できます。

ラジオはテレビと異なり、何かをしながら聞いているというのが前提のメディアなので、リスナーが「何をしながら」聞いているのかを把握するのはとても重要なことなのです。

ところがダウンロード配信のポッドキャストの場合、ダウンロードと再生のタイミングが一致しないことがほとんどです。オンラインが確保できる時にダウンロードしておいて、移動中や運動中などにオフライン環境で聞くというパターン、あなたもあてはまるのではないでしょうか。

このように「いつ、どこで、だれが、何を、どんな状況で」聞いているのかが把握しにくいのです。これらが把握しにくいということは、なかなか広告がつかないということ。だから人気ポッドキャストであってもなかなか収益化というビジネスモデルになりにくいのです。

ポッドキャスト収益化モデルの一例

こういった特徴を考えると、番組を収益化する方法は限られてきますがゼロではありません。

配信サイトでの広告配信

広告を貼り、配信サイトの流入を増やす: 番組に関するコンテンツ(写真やブログ記事、メール配信フォームなど)を作って、ブログなどに来てもらう
→ポッドキャストリスナーはそもそもサイトにこないという特性をお忘れなく(涙) (ポッドキャストアプリにRSSを登録してしまうとサイトに来なくても音源が入る) 「サイトに来ないとできないコンテンツ」を用意する必要があります。

番組関連書籍(電子書籍含む)を出したり、オフラインイベントを開催する

→ある程度のリスナー数の確保が必要。知名度があがれば可能。これを行うにはたくさんのファンが必要ですが、一番素早く収益化できるのがオフラインイベントです。本やデジタルコンテンツ、チケット販売などで制作費、維持費をカバーする方法です。

有料版音源の配信

無料版では話せないようなディープネタ、特別なを有料版音源として配信する方法。
→安心して払える決済方法の確保が必要。最近はNoteなどのデジタルコンテンツ販売プラットフォームなどがありますね。

ただ、ポッドキャストリスナーの有料版購入へのハードルは決して低くありません。「それでも買いたい」というトークができるかどうかが勝負。

カンパを募る

地味ですが、一番集まるのはこれ。銀行口座の公開という方法もありますが、Amazonギフト券だともらう側もあげる側もラクチンです。ポッドキャストではないですが、無料写真共有サイトのぱくたそさんはこの方法を使っています。わたしもお世話になってるので以前少しばかりではありますがギフト券を送りました。

自社の広告を挿入する

法人運営の場合、自社の広告を打つのが一番確実です。または個人など小さい規模で会社やってる方なんかの場合、コンテンツマーケティングの一環で番組をやるのはむしろありだと思っています。ポッドキャストにかかる費用はマーケティング費用として処理しましょう。ポッドキャスト自体で収益を得るのではなく、ポッドキャストによる広告効果で売上アップをねらう、という考え方に頭を切り替えてください。

セム

セムのひとこと: 個人的には困っているけど、TBSのいうことも理解できる

あれだけのビッグメディアでも収益化は難しいとなるとわたしのような小粒ポッドキャスターはどーすりゃええねん、となりますが、まぁのんびりやっていこうと思っています。

とりあえず韓活ポッドキャストをはじめ、豆番組は当面ダウンロード方式のままでいきます。リスナーの皆様、なにとぞよろしくでございます。そしてみなさま、サーバー代くらいはカバーできる収益は確保したいので、いろいろご協力いただけると嬉しいです。(てへっ☆)

ではでは今回の豆ブロはこのへんで。
ほいじゃ〜ね〜!

忍者_豆ブロ記事下(左)_161116

忍者_豆ブロ記事下(左)_161116

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-ポッドキャスト

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 AllRights Reserved.