枝豆のつぶやき

この夏、蚊帳が大活躍!

更新日:

最近、ストレスからちょっぴり開放されました、セムです。
今日は一杯やってることもあり、ブログの神様が降りてきてはいたんですが、急に仕事が入り、そちらに対応していて今に至っております。

さて、ストレスから開放されたという話をしました。というのも、ここ最近ぐっすり眠れているからなのです。

最近”あの”悩みから開放されました

午前3時のヤツに悩まされる日々

5月ごろから実は眠れない日々が続いていました。
というのも、午前3~4時ごろに耳元でささやくヤツがいたからなのです。そう、ヤツとはあれですよ、「蚊」です。

2013年の夏は蚊が少なくてあれ?と思ってたのですが、今年は春が短かったのもあり、5月の中旬ごろから奴らが出没しはじめたわけです。
それ以来、毎晩午前3時や4時に耳元でプ~ンとささやかれ、夜な夜な電気をつけては枕でバシン!という日が続き、完全寝不足だったのです。

そりゃあ他にも対策法はあると思うんです

でも我が家の場合、蚊よりもセムダーが先に弱る

もちろん、蚊取り線香などいろいろ方法はあるとは思うんです。
現にわたしも日本から「部屋の隅に向かってプッシュ」タイプの虫除けを買って試してみました。ほかにもノーマット(韓国版)も焚いてみたりしました。

しかし結果として蚊よりもセムダーが弱ってしまったのです・・・
「あたま痛い・・・」とか小声でぼそっと言われちゃうと、もう消すしかないじゃないですかノーマット。

セムダー、蚊取り線香に弱い

蚊帳は我が家の救世主

答えは意外とアナログだった

というわけで毎晩一番眠りの深い時間に蚊に悩まされ、それに対する解決法を見つけられずにいたわけですが、実にアナログな方法により解決法を見つけることができました。

答えは「蚊帳 KAYA」だったわけです。

ネットショッピングで探すと1000円前後であるじゃあーりませんか。韓国で探す場合は「모기장」というキーワードで検索してみてください。
まぁこれも気休めかなぁと思いつつ、1000円で蚊から開放されるんならええんじゃないと思い、速攻でポチりました。

設置した夜、すごくぐっすり眠れた

さて、設置には壁にフックや釘を打ち付けなきゃいけないというハードルはありますが、うちはOKっぽかったので(チョンセですけど)四隅にフック、釘を打ちつけ、設置しました。

するとその日からあれ不思議、蚊の羽音に悩まされなーい♪久々にぐっすり眠れた夜でした。

というのもこれまで羽音で目が覚めては電気をつけると壁にいて、それを枕でぶっ飛ばすということを繰り返していたのですが、蚊帳があることで物理的に耳元と蚊との距離をとることができるようになったのだと思います。耳元の空間は蚊帳がガードしているため、少なくとも音が聞こえる範囲内には奴らは侵入することができません。

精神的な効果が一番でかい

蚊帳を買って一番の効果というのは、実は実際耳元で羽音がしなくなったことよりも、この中にさえ入ってしまえば蚊に悩まされないですむ、と思えたこと自体が大きかったと思います。なんだかんだで眠りを妨げていたのは蚊の羽音以上に、3時ごろ羽音で目が覚めるかも、という圧迫感だったのかもしれません。

セムのひとこと: まとめ

お手ごろ価格で手軽に快適な夏が保証された!

というわけで、蚊帳を買ったおかげで窓を開けたまま涼しく眠ることができるようになりました。
ほんと、さっさと買っておけばこれまでの3年間蚊に悩まされることもなかったんだろうになぁ・・・と思いつつ、それでも今買ったことでこれから夏に悩まなくて済むことを考えるといい買い物をしたと思います。

これと並行して蚊とりボトル(砂糖+ドライイースト+水)を作ったのですが、残念ながらこれはコバエの栄養源になってしまったようで、3日たった本日撤去しました…というわけで、蚊に眠りを邪魔されている方は蚊帳の導入、ぜひ一度ご検討ください^^

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-枝豆のつぶやき
-

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 AllRights Reserved.