枝豆のつぶやき

新しい飲み会のカタチ: オンライン宅飲み

ゆうべは(というか12時まわってましたが)Twitter友達のたけちよ姫と
LINE電話でサシ飲みしてました。

気がつけば空が少しずつ明るくなってました(笑)

昨日はたまたまひとりだった

一杯やりたいけど、相手がおらん

韓国焼酎を一気飲みの豆!

いつもならセムダーがいるのですが、(しかし飲みの相手はしてくれない)
ゆうべはたまたまひとりだったため、飲める絶好のチャンス!
しかし突然生まれたチャンスにも相手がいない。
しゃあないなーと思いながら、せっせと豆ブロ書きよったのです。

最初はYourtubeメドレー(一人自宅カラオケですが、何か?)で
ご機嫌でしたが、なんだか人恋しくなってスマホに手を伸ばしました。

Twitterをのぞいてみると活発につぶやく姫のお姿

またこれがええこと言いようったんですわ。
ほんで、それをリツイートさせてもらいよったわけなのです。
この時間にガッツリこの内容でつぶやいてるんならきっと起きてるぞ。
声でも聞いてみようか久々に、なんて思ったわけです。

思い立ったら吉日だ、もともとオフラインでも会ったことがあるので
LINEスタンプも送らず、いきなり電話してしまいました。

LINE無料通話、発信!

LINEユーザー同士なら通話料完全無料

枝豆電話中

予想通り、がっつり起きてる時間でした。
そしてなんと、たけちよ宅にもビールが! Oh yeah!
気がついたらおしゃべりが止まらず
朝まで飲み会になっておりました(笑)

最後はたけちよ姫の方が先に朝がやってきたので
(ソウルは東京より3~40分ほど遅く空が明るくなる)
あ~、厳密には時差あるんじゃね~なんて言いながら通話終了。

オンライン宅飲みのいいところ

安全安心、たとえつぶれてもそこは我が家

帰りのタクシーや終電の心配もなく、また飲みすぎて
つぶれてもそこは我が家。世界一安全な飲み屋といえます。

飲み代が安くつく

スーパーやコンビニで買ったらお財布にやさしく飲めます。
また、行き帰りの交通費も不要です。

電話代の心配なし

最近はLINEやSkypeなどの無料通話アプリが増えたため、
国際電話も無料の時代になりました。
市外の友達に電話するにも気を使っていたあの頃がなつかしいです。

自分のペースで飲める

人の目が気にならないので、自分のペースで飲めます。
また、いちいち人のお酌をする必要もなし。
すべてセルフサービスです。
また、すっぴんでもパジャマでも誰も何も言いません。
だってそこは自宅ですから。

まとめ: 電話でも十分飲み会はできる

とにかく楽しかった

実はまだたけちよ姫とは二人だけで飲んだことはなく、
いつも誰かしらいたので、二人だけでゆっくり話ができる時間がとれて
とても楽しかったです^^

物理的な距離を一切感じなかった

これからは海の向こうの人たちとIP電話で飲み会なんてことが
普通にあるのかもしれません。

趣味などのサークルとかでさあお茶でもしましょうか、
一杯やりますか、みたいな感じで無料通話アプリを使うことも
これからはありそうです。
顔が見たければテレビ電話もありますしね。もちろん無料で。
枝豆家でも広島の実家への電話はFacetimeでやってます。

夜におじいちゃんが海外に住む孫の顔を見ながら晩酌を楽しむ、
なんてこともこれからは普通になっていくのかもしれません。

これからもIP電話サービスが続くことを祈って・・・
みなさま、よい週末を!

そしてたけちよ姫、またLINE飲み会やろうぜ!

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

東京の韓国系企業でBizDevとして働く傍ら、Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。10年ぶりの日本生活にオロオロしておりますw

よく読まれている記事

medibangとibis 1

スマホでデジタルイラストが描ける無料お絵かきアプリのうち、メディバンかアイビスのどちらかで迷ったときに読む記事。メディバンという選択肢に自信が持てます。

noteはじめました 2

WordPressでブログやってるのにnoteにも進出したのにはちゃんと理由があるんです。

韓国の会社で働く枝豆 3

韓国語を使った仕事に就きたいというあなたのために、自身の経験談をもとに仕事の選び方と夢の叶え方をご紹介します。

在韓日本人社員に求められるスキルとは? 4

韓国で就活中の方に役立つ、韓国の企業で働きたいと思うあなたのために、実際の現場で役立つスキルをご紹介します。

アウトライナーとロジカルシンキング 5

ロジカルシンキングに興味を持ち始めたあなたに向けて、アウトライナーでロジックツリーを作成するメリットをご紹介します。

-枝豆のつぶやき
-, , ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2019 All Rights Reserved.