枝豆ポッドキャスト放送局

ポッドキャストを愛する韓国暮らしの豆ブログ

ポッドキャスト

韓活ポッドキャストブログがGoogle Adsense(アドセンス)の審査に落ちた理由

投稿日:2014年6月29日 更新日:

Googleアドセンスと韓活ポッドキャスト

実は以前、韓活ポッドキャストのブログ(http://www.kankatsu.net)をGoogle Adsense(アドセンス)の審査に出したのですが、落ちてしまいました。記事数もそこそこあったのに、このような結果になってしまったのです。

前回申請したのが2013年の9月。ポッドキャストを月2回、第12回頃を数えるころだったと思います。

そして約10ヶ月後の2014年6月28日、再申請を行うことにしたので、同じ轍を踏まないため、前回なんで審査落ちしたのかを見直しておこうと思います。

アドセンス審査に落ちた原因

おそらくテキスト不足

Google Adsenseのページから必要事項を記入して提出。よし、これでブログに広告を載せられるぞ、と思ってたのに
約1週間後にやってきたのは残念でしたメール(涙)

アドセンスを断られた理由は以下の通りでした。(韓国語で来たのでGoogle翻訳を使用)

コンテンツ不十分:アドセンスで承認を受けて、あなたのサイトに関連する広告を掲載するにはWebページ上のテキストの量がGoogleの専門家が検討してGoogleのクローラがページのテーマを把握するための十分必要があります。

この問題を解決する方法は次のとおりです。

- ページに十分な量のテキストがあることを確認してください。コンテンツのほとんどが画像、ビデオ、フラッシュアニメーションのウェブサイトは承認されません。
- コンテンツには、完全な文章やフレーズが必要で、タイトルのみを一覧表示することはできません。

必要な変更をしてくだされば申請書をすぐに再検討いたします。

とのこと。
ポッドキャストブログの性質上、メインコンテンツはしゃべってる音源であり、テキストはその内容を補完する程度でしか書いていませんでした。(もちろん語学ブログや会話内容の文字起こしをしてるなら別ですが)

それにより各記事の文字数が少ないということで、このような結果になったのでしょうか。チェックしてみると確かにひとつの記事あたりの文字量が1000字超えない回もたくさんありました。

まぁGoogle広告の仕組み上、テキストの内容が広告の選択に結びついているため、ある程度のテキスト量が必要だというのはもっともな主張だと思います。

アドセンス再審査の前に行った審査準備

というわけで、さすがGoogleさん、理由をはっきり教えてくれました。おかげでこちらも対策のしようがあります。

テキストコンテンツを増やす

去年の夏時点では音源のみのコンテンツをアップしていたのですが、あれから、韓国滞在ビザ関連の情報をまとめたり、広島弁の記事を作成したりしました。

また、ポッドキャスト記事の作成の際にも、意識的に文字量(情報量)を増やすよう心がけました。

前回の申請時と比べると公開音源数が増えている+ブログ記事の追加によりテキスト量はがぜん増えていると思われます。

いよいよアドセンス再申請!

再申請は住所を入力するだけで完了

というわけで、準備は整ったので、再申請をします。前回のデータが残っているのもあり、住所情報を入力するだけで申請の手続きは終わりました。

あとはGoogleさんからの返事を待つのみです。いい返事が来ますように!

結果、乞うご期待!

medi8_test_180127


medi8_test_180127


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

-ポッドキャスト
-, ,

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2018 All Rights Reserved.