Wordpress

Wix.comとWordPressのどちらが企業サイト向きなのかを比較検討してみた

投稿日:2014年7月19日 更新日:

もう7月も半ばですよ、枝豆セム(@ssem1622)です。
ソウルは今年空梅雨で秋ごろの野菜の値段は大丈夫なのかと今から心配している今日この頃です。

さて、企業サイトを作る際にどのサービスを利用するか迷っているWEB担当者は多いかと思います。直感的な操作のWix.comといろいろカスタマイズできるWordpress(設置型)、サイト制作と運営面からそれぞれのメリットとデメリットをまとめました。

最近Facebook広告などでもよく見かける無料ホームページ製作「Wix.com」、もともとは企業ホームページ用に使ってみてはどうか、というアドバイスを受けて気にはなっていたのですが、企業ホームページの制作に向いているかどうかの判断も含め、今回の記事でご紹介していきたいと思います。



Wix.comで企業サイトを作るメリットがある人とない人がいる

そもそもWixで企業サイトを作るかどうかの判断の前に、気になることがありますよね?

そもそも、Wix使うメリット、自分にはあるのかな?
セム
そんなあなたのためにWordpress(設置型)と比較してみますね。

とりあえずここから読んでみて、メリットありそうだったら続きも読んでみてください。どちらでいくかはその会社のこれまでのホームページ運営方法やスキル、かけられる時間、費用により最適な選択肢は変わってきます。

Wix.comでビジネスホームページを作るメリットがある人

(1)これまで会社のホームページの制作、管理をすべて制作会社に任せてきた会社
(2)HTMLとかコードとかさっぱりわかんないし、サーバーのこともよくわかんないけど、とにかくすぐにホームページが必要な会社
(3)個人利用でのホームページやポートフォリオサイトを作る必要がある人

これまでホームページはすべて外注していた会社

これまでWEB屋さんに毎月の費用を払いながら維持してもらっていた会社であれば、Wixの有料プランにすることで更新のしやすさや管理コストダウンにつながります
これまでちょっとした修正をお願いするだけでも費用がかかっていて、しかも修正されるのは数日後・・・という悩みを抱えているオーナーの場合、Wixに乗り換えるメリットは十分にあります。

今すぐWixで会社のホームページを作成する

かっこいい個人用ポートフォリオを作りたい人

また、他の無料ブログサービスに比べるとテンプレートがかっこいい、かつ更新が簡単なので、ポートフォリオサイトの作成に向いています。

ポートフォリオサイトのためだけにサーバー借りてデータベースの設定をして・・・という時間があれば、多少広告が出てもWix.comで作ったほうが見栄えのいいサイトができます。フリーランサーの人などは名刺代わりに自己紹介サイト(ビジネスポートフォリオ)を作るのも効果的です。

Wix.comでホームページを作る
Wix.comで自己紹介ポートフォリオページを作ってみた

ホームページが簡単に作れるサービス、Wix.comで個人ポートフォリオページを作ってみました。

Wix.comでビジネスホームページを作るメリットがあまりない人

(1)自分でレンタルサーバーを借りてホームページの運営をしたことがある人
(2)細かいカスタマイズがやりたい人

WordPressに比べると費用が割高

実際、自分でレンタルサーバーを借りてWordpressをインストールして運営するとなるとひとつのサイトにつき、だいたいワンコイン程度で運営できます。(もちろんレンタルサーバーにもよる)
そしてその費用でファビコンのせてGoogleアナリティクス入れて独自ドメイン入れて・・・と企業ホームページに必要な条件をすべて満たすことができます。当然のことながらサーバースペースを借りるので、データバックアップも可能です。

缶ジュース1本分でレンタルサーバ

技術はいるけどなんでもできるのがWordpress

また、かゆいところに手が届くのがWordpressのプラグインでもあります。(もちろん届かないのも星の数ほどあるけど)そのプラグイン自体にも必要に応じてカスタマイズができるという点では、Wix.comよりも自由度が高いように思います。

わたしの場合は企業サイトをWixでやるのはちょっとコストが高いな、という印象でしたが、クライアントさんなどに「はじめてなんだけど、手っ取り早くホームページが作りたい」という相談があったらWixをすすめると思います。

あっ、ちなみに余談ですが、Wix.comはアメリカのサービスだからかわかりませんが、夜になると軒並み動きが遅くなります。昼間はいいんですけどね。それだけ北米圏での利用者が多い、という証拠なのかもしれませんが。

ここまで読んでみて、Wixにメリットありそうだなと思ったら読み進めてくださいね。これからWixのメリット、および実際にシステムをいじってみた感想をご紹介します。先に申し上げておきますが、無料プランではちゃんとしたビジネスサイトはできません。WixにしてもWordpressにしても多少のお金がかかります。

Wix.comのメリット

無料でスタイリッシュなホームページが感覚的に作れる

http://www.wix.com/
Wix.comのホームページ

公式ホームページにはこのように書いてあります。

Wix.com は世界で何百万人に選ばれているクラウドベースのホームページ作成ツールです。プロ並みのホームページを手軽に作成するお手伝いをします。プログラミングの知識がない方でも、自由自在にデザイン可能です。さあ、早速あなたのビジネスもオンライン公開しましょう

かっこいいテンプレートが無料で使える

Wix.comのテンプレート一例

これは実に魅力的でした。このまま使えそうなデザインがずらり。
これが無料で使えるのなら、会社のホームページに使ってみようと思えます。

感覚的なホームページビルダー

HTML、何それおいしいの?みたいな方でも簡単に作れる仕組みになっています。
ちょっとこの絵を動かしたいんだけど・・・みたいな場合にマウスでぐいっと動かせば位置も動き、大きさも自由に変えられます。文字なども自由に修正がきき、Microsoft Wordが使える人なら誰でも使えそうな印象。

また、スマートフォン表示にも自動対応しているのはうれしいところ。
検索にかかりやすいようにSEO対策もでき、シェアやコンタクトがしやすいようにソーシャルアカウント関連のメニューも充実しています。WEBショップも開けます。(販売手数料はなし)

というわけで、なんだかよさそうなので、とりあえずWix.comに会員登録
まずはビジネスに使えるのかどうか検討するために、テストホームページを作ってみることしました。

実際にホームページを作りながらわかったこと

ビジネスで使うなら、有料プランにアップグレードする必要がある

これは商用ホームページだから有料になるというのではありません。
正しくは、商用ホームページとして運用するために最低限必要な機能を入れるためには有料プランにアップグレードしなければならない、という表現の方が合っています。

商用ホームページに最低限必要な5つの機能は有料オプション

1.独自ドメイン

2.広告非表示

3.ファビコン

4.アクセス解析(Google Analytics)

5.バックアップ

1~4までについてはすべて導入可能ですが、無料プランではできません。
企業サイトなのに他の会社の広告が出たり、オリジナルドメインが使えなかったり、ファビコンがWixのものだとちょっといただけない。いかにも無料で作りました!といわんばかりの状態になってしまいます。また、ビジネスで使うのなら訪問客のアクセス分析は必須です。

5のバックアップについてはまだ検討できてないのですが、少なくとも自分でサーバーに入ってデータの管理ができないということはそういうことなんでしょう。

プレミアム(有料)プランの価格一覧表

Wix.comの有料プラン

というわけで、企業ホームページとして使う前提でプレミアム(有料)プランの価格を見てみましょう。この価格表を見てみると、仕事で使うなら真ん中のふたつのうちどちらかである必要があるのですが、仕事で使うなら左から2番目がよさそうです。

しかし月々12~15ドルだと、日本円換算で約1200円から1500円。
もちろんこれにはこれまでのデザインテンプレートの原価回収やサーバー管理費用のためだと思うのですが、Wordpressユーザーであれば少し(いや、かなり)高いなぁ・・・という印象です。ただ、まったくホームページに関する知識もそれにかけられる時間もなく、比較対象が外注WEB制作会社の場合は月々の維持費用や修正のしやすさなどを考えれば十分競争力のある選択肢のひとつに入ると思います。

今すぐWixで会社のホームページを作ってみる

 

この勢いで実際にサイトを作ってみました!

というわけでWix.comとWordpressを「企業サイト(コーポレートサイト)を作るなら」という基準で見ていきましたが、上記でも少しご紹介した「ポートフォリオ」をWix.comで作ってみたので、次回の記事ではその模様をお届けしたいと思います。

ではでは次回の記事をお楽しみに、ほいじゃ~ね~

あわせて読みたい
Wix.comのホームページ
WordPressよりWix.comに向いている企業ホームページのタイプ

こんな企業サイトを作るならWordpressよりもWix.comが向いている! どっちがいいのか迷っている方のために具体例を挙げてみました。当てはまる方はWixでの運営をおすすめします。

参考サイト Wix.com http://www.wix.com

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

-Wordpress
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.