枝豆家と中国の話

上海で通信環境と生活インフラを整えました

投稿日:2014年9月21日 更新日:

ずいぶんご無沙汰しておりましたが、わたくしセム、上海にて元気にしております。
中国に来て早1週間、ようやく身の回りのいろんなことが整ってきました。

今回は最初に中国にやってきてからの生活インフラ構築についての話をしようかと思います。

現在は中国の上海に住んでます、セムです

上海交通大学の正門

上海の名門大学、上海交通大学

3年ぶりの上海。かれこれ新婚旅行以来です。
現在いるのは上海交通大学という大学で、上海市内の南西部に位置しています。
中国でも名門校のひとつで、5本の指に入るそうです。ここに入るためにみなさん大変な苦労をしているとのこと。
聞いたところによると、ここは理工系が強いとのことで、中国のMITとも言われているそうです。

住まいは学校の留学生寮

上海交通大学の留学生寮

現在の住まいは学校の留学生寮です。今回は韓国の某海外研修プログラムの一環で来ているのですが、一人一部屋を割り当ててもらえました。最初についていたのはベッド、ふとん、テレビ、机、いす、電気ポッド、トイレ、洗面所、シャワー、冷蔵庫、カーテン、クローゼットです。ちなみにこちらの寮は9月に新築されたばかりで、わたしがこの部屋の最初の使用者になります。新築のため、新しい建物特有のにおいを消すのが大変でしたが、きれいだったのでよしとします。

さぁここで大事な情報いきます!
この寮、洗濯機がありません。共同のコインランドリーもありません。
また、日本のように近くにコインランドリーはありません。(クリーニング屋はある)・・・というわけで当面は手洗いになりそうです。

2014年10月5日 追記: 新しく洗濯ルームができました。現在は有料ですが洗濯機で洗濯をしています。

通信環境もようやく整いました

インターネット

インターネットは各部屋に来ているのですが、上海交通大学留学生寮のネットは固定IPのため、LANケーブル(自分で用意する必要あり)をつないだだけではネットにつながりません。ネットをつなげるためには別途設定が必要です。また、部屋の中でスマートフォンやタブレットPCなどを使う場合には無線LANルーターが必要で、LANルーターの方に固定IPを設定しなければなりません。

VPNの設定

FacebookやTwitter、LINEにつなげるためには必要です。VPNってなに?という方はググッてください。(いや、中国ではそのままではググれない)ただ、中国語の勉強に集中するためにはいっそないほうがいいのかもしれませんが(笑)

携帯電話: SIMカードを挿しかえるだけ

学校の近くにてプリペイド式のSIMカードを購入。パスポートなしでも買えました。(パスポートを要求するお店も結構あります)
わたしのスマホは最初からSIMフリーのため(韓国の携帯は全部SIMフリー)SIMカードを挿すだけで新しい番号になりました。また、データ通信も500MBあるので、ちょっとした調べものであれば外で調べられます。ネット難民にはならずにすみました。

ただ、この場合韓国のSIMカードを抜いてしまうため、韓国の電話番号はつながらなくなってしまいます。機種によってはデュアルSIM(SIMカードが2枚挿せる)のスマホもあるそうなので、中国の番号と本国の番号を同時に使いたい方はそのような機種を選ぶか、または現地で新しくスマホを買うなりする必要があります。

中国語の授業もはじまりました

上海交通大学の中にある国際教育院にて習っています

中国語会話クラスの教科書「口語教程」

9月15日より新しい学期がスタートし、1月下旬まで続くそうです。(もちろん年末年始や国慶節のお休みはあります)

毎日4時間、読み、聞き取り、会話の授業が組まれており、科目ごとに先生もかわります。ソウルの語学堂と同じような雰囲気です。レベルごとに学生の構成もまちまちですが、わたしのいる初級2はアジア系よりは西洋系の学生のほうが多く、休み時間には英語が飛び交います。ここでは中国語はもちろん、英語を勉強するにはうってつけです。ネイティブがぞろぞろいます。

まとめ: とりあえずはこの街で暮らしていけそうだ

というわけで、この1週間でだいたいの生活インフラは整いました。
これから折を見て上海の生活を記録に残していければと思います。

豆カレ2019販売ページに移動する!

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 プロフィール詳細ページはこちら

-枝豆家と中国の話
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.