枝豆家と中国の話

杭州旅行に行こう(3): 杭州の名産品、西湖龍井茶を購入

更新日:

西湖龙井茶

さて、杭州旅行シリーズをお届けしてまいりましたが今回がとりあえずの最終回です。楽しい時間はあっという間に過ぎ、汽車の時間が近づいてきました。今回は乗車直前にふらっと入った売店で買ったおみやげをご紹介します。

<これまでの杭州シリーズ>
杭州旅行に行こう(1): 上海市内での切符購入から和諧号乗車まで
杭州旅行に行こう(2): 杭州市内での訪問地

1: 西湖龙井茶: 宋の時代より続く杭州の伝統銘茶

西湖龙井茶の製造過程

西湖龙井(xī hú lóng jǐng)茶は宋の時代より続く杭州地域の伝統銘茶です。茶葉を釜に押し付けて香りを出すのだそうです。

杭州の名物: 西湖龙井

前回の記事に登場した浙江大学のカフェのメニューでも茶類の中では一番上に書いてありました。大学のキャンパスに訪れた記念に、という意味もこめて購入を決定。

個別包装になっている西湖龙井茶

中はそれぞれ1回分ずつ個包装になっており、12パック入りで20元。量に対してちょっと高めの料金設定ではありますが、特級と書いてあったこと、そしてまぁ記念品だしね、ということで自分を納得させて購入しました。

帰って飲んでみると、すっきりとした味わいでいい感じ。コーヒーとは異なり、冷めてもおいしいのがお茶のいいところ。キャンパスでの涼しい風を思い出すのにピッタリでした。また、2~3回はお湯を足して楽しめます。我ながらいい買い物をしました。次回杭州を訪れる際にはもう少し大きいパッケージのものを購入しようと思います。

2: 西湖淡啤: アルコール控えめの特産ビール

西湖ビール

アルコール度数2.5%の現地ビール、サイズは330ml。おそらく西湖にあやかっての命名なのでしょうが、観光客であるわたしは見事に彼らのマーケティング戦略にはまって購入しました。お値段4元、カップラーメン1個と同じ値段です。

ちなみに常温で売られています。こちら中国では常温のビール販売はよくあることです。しかしこちらのビールは緑色のパッケージが好きですね。某大手企業のビールを彷彿とさせるデザインです。帰りの和諧号であっという間になくなりました。

セムのひとこと: 南方ということもあり、お酒よりはお茶が有名

というわけで、お茶を前面に出した売店でのお買い物を楽しみました。帰りはビール片手に1時間の高速鉄道を満喫し、また上海に戻ってきました。おみやげも手にし、大満足です^^さぁ今日も龙井茶をいただきながら中国語の勉強をしようと思います。

杭州(Hangzhou)旅行編 関連記事

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-枝豆家と中国の話
-, , ,

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 AllRights Reserved.