韓国生活のリアルな話

キムチ作りと八百屋の変化

投稿日:

人気の塩漬け白菜

さて、ソウル生活にもあっという間に慣れたセムです。週末に我が家近くの団地で開かれる週末市場があるのですが、キムチの材料が並び始めたので本格的な冬の到来を感じています(キムチ作りのシーズン到来=最適な温度まで気温が下がったということ)。さて、今日はその市場を見る中で韓国ソウルの生活様式の変化を感じとる出来事があったのでご紹介したいと思います。

豆カレ2018 好評発売中

キムチ作りと市場のニーズ

市場で大人気の商品: 塩漬け白菜

毎週開かれている市場でわたくしセムもほぼ毎週通っているのですが、去年までは見られなかった光景が今年は広がっていました。やたら人だかりができているコーナーをのぞいてみると、そこには塩漬けされた白菜の姿。

塩漬けした白菜

キムチを作る際にはまず白菜に天然塩をまぶして水抜きをする必要があるのですが、これが思った以上に手間がかかる作業。キムチ作りの核心ではあるのですが、これが重いわ、時間はかかるわでなかなかアジュンマの手を焼いていました。

しかしこれまでは家族のためにおいしいキムチを作りたいという思いから、ソウルのアジュンマたちは手間をいとわずこの作業を続けてきたのです。ところがこのキムチ作りの作業に、最近新たな問題が発生したのです。

キムチ作りの際には野菜くず(生ごみ)が大量に発生する

野菜のくず

最初の水抜き作業やキムチに入れる大根、にんじんなどの下処理の際に、大量の野菜くずが発生します。これまでは葉がついているほうが新鮮だからとアジュンマたちは葉つきの大根、外葉つきの白菜を買っていたのですが、ここ最近は野菜くずを持ち帰らないようになりました。

原因は生ごみ処理の手間と費用

ソウル市の生ごみ用ごみ袋

そう、いわゆる「幸せの黄色い袋」です(涙)

ソウル市ではこれまで野菜くずなどの生ごみ(飲食物ごみ: 음식물 쓰레기)は専用ボックスに入れて捨てていたのですが、2014年より順次生ごみ用のゴミ袋を買って、袋に詰めて捨てなければならなくなりました(これについては韓活ポッドキャストで詳しくしゃべっています)。区によって多少価格は異なりますが、セムの住む地域はソウルの中でも一番ゴミ袋代が高い地域。

これまでは鍋やボウルに野菜くずを集めてその日に捨ててもよかったのが、袋がいっぱいになるまで待たなければならなかったり、入りきらない分は新しい袋に入れなければならなかったりと、家計圧迫にさらにごみを袋に詰める手間が発生し、ソウルのアジュンマたちを悩ませているのです。

ソウルのアジュンマのニーズをキャッチした商品の開発

実はこれまでも塩漬けの白菜は大型マートなどで売られていました。しかし、おいしくない、塩加減が我が家のキムチとは合わない、という理由などで敬遠されてきた商品だったのです。ところが生ごみ処理方法の変化により、市場のニーズが大きく変化し、野菜くずを処理せずに済み、さらにキムチ作りの手間も軽くなるというもの。メーカーも塩加減を調整したりと、ソウルアジュンマのニーズに合わせた商品を次々と開発しています。

また、生ごみ処理制度の変化に伴い、ソウル市内の大型マートなどでもカット野菜、カットフルーツが売られたりなど、青果商品の販売方法も変わってきました。ちなみにソウル市民がもらって一番困る贈り物のひとつにスイカが入るなど(皮の処理に困るから)、生活スタイルまでも変化させています。

セムのひとこと: 野菜だけでなく、サービスを売っている八百屋

この市場に毎週現れる八百屋が市場の中でも最も活気があるのですが、それもそのはず、ニーズの変化に敏感に対応しているからです。この八百屋はいち早く野菜くずのカットサービスを始めたり、塩漬けキムチを商品に取り入れてきました。ただ単に野菜を売るのではなく、野菜を食べる人のニーズに合わせたサービスを売っているのがこの八百屋がうまくいっている秘訣なのだと思います。この八百屋から学ぶことが実に多いと感じながら今日も食卓にキムチをのせました(笑)

ちなみに枝豆家のキムチはお義母さんが野菜から全部作ってくれています。キムチ作りのシーズンに悩まないで済んでいることに感謝するばかりです。南の島はまだキムチシーズンに達するまで気温が下がっていないので我が家のキムジャンはもう少しあとになりそうです。

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-韓国生活のリアルな話
-,

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 All Rights Reserved.