枝豆のつぶやき

1ヶ月前からの語学試験対策(HSK、TOEIC、ハングル検定など)

更新日:

敵に勝つにはまず敵を知れ

敵に勝つにはまず敵を知れ。相手を知らないと対策のしようがありません。短期決戦であればなおさらです。

みなさんこんにちは、実は来月のHSK(新汉语水平考试)を受けることにしたセムです。実は試験は一ヶ月後。中国語の試験は人生初なのですが、はじめての試験に短期決戦を挑むことになりました。TOEICやHSK、ハングル検定、TOPIK(韓国語能力試験)などの語学試験を受けようとしている方は試験勉強を始める前に「まずは何を勉強したらいいのか」を把握しましょう。それでは具体的な方法をご紹介します。

豆カレ2018 好評発売中

用意するもの

(1)最近の過去問題または模擬問題(本試験とまったく同じパターンのもの)2回分

過去問の場合は開催日時、模擬問題の場合は本の発行日を確認しましょう。過去問は直近3回分、模擬問題は最近2年くらいに発行された本を選びます。HSKの場合は「新HSK」をチェックします。

(2)時計

実際の試験と同じ時間配分で問題に挑戦します。残り時間を把握するためにもデジタルよりはアナログ時計のほうが便利です。

分析するためにまずは一度解いてみる

(1)本番と思って最初から最後まで問題を解いてみる

時間いっぱいまで解けても解けなくても粘ります。ひょっとしたらテストの神様が降りてくるかもしれません。時間が余ったら再度確認を。

(2)答え合わせ

準備なしの段階でどのくらい点数がとれたかをチェックしましょう。

試験を解きながらチェックすること

1問あたりにかけられる時間はどのくらいか

これ、とても重要です。TOEICのように矢継ぎ早にやってくる問題を解く試験とハングル検定のように1問にじっくり問題がかけられる試験とでは対策の方法が異なります。

前者のように時間に追われる試験の場合は「試験の解き方」を練習する必要があります。たとえばマークシートに書き換えるタイミングがいつだとか、何番から解き始めるのか有利なのか、えんぴつはどの角度で削っておくか、などという試験スキルが点数に大きく影響します。実力だけでなく、要領が求められる試験です。

一方後者の場合は前から順番にやっていっても大丈夫。むしろケアレスミスに注意すべきです。じっくり問題を読みましょう。答えやヒントが問題文の中に隠れていることもよくあります。ちなみにHSKの場合、「じっくり問題を読んで解ける」問題でした。(もちろん級にもよるとは思いますが)

試験1ヶ月前! 誤答の原因別対策

答え合わせの際には○×だけをつけるのではなく、なぜ間違ったのかをチェックしましょう。試験1ヶ月前の場合、今から新しいことに手を出しても点数は上がりません。誤答パターン別に対策を講じましょう。

試験のストレスによるミス→ここを集中的に復習する

ゆっくり考えればわかるのに、それでも間違えた部分が一番対策のしようがあります。答え合わせの時点で理解できた問題にはチェックマークをつけてその部分の復習に集中します。なぜなら、他の学習者もそこを間違える可能性が高いからです。

問題の意味が把握できなかったから→過去問でパターンに慣れる

HSKの読解問題の場合、あれをせよ、これを選びなさい、という試験特有の指示が出されず、ただ例が示されているだけでした。今日はじめてやってみた予行演習でも問題の意味を把握するのに10分程度時間を使ったくらいです。(どうせぇっちゅうんじゃぁぁぁあっ!という叫びとともに)

これは数回分の過去問または模擬練習で克服可能です。なお、パターンを把握する際には過去3回分くらいをチェックするといいでしょう。あまり昔の試験は役に立ちません。

ケアレスミス→なぜミスが起こったのかを知る

時間がなくてミスしたのか、単なる勘違い(思い込み)でミスをしたのか。それともマークミスなのか。人間、3と思っていても2をマークすることはよくあります。

未習事項によるミス→このまま無視

問題を改めて見直してもさっぱりわからない問題、それは未習事項として処理します。試験まであと3ヶ月以上あるようなら新しいことを手を出しても十分に勝算がありますが、1ヶ月をきった場合は復習にのみ集中しましょう。新しい本を開くなんて言語道断。今から新しい単語や文法を覚えるより、以前やったことをもう一度頭に入れたほうがいざという時に思い出せます。

セムのひとこと: たった1ヶ月? まだ1ヶ月もある?

切羽詰ってから試験対策をはじめる人はこの世の中に星の数ほどいると思われますが(はい、わたしもその一人)、試験までの時間が短ければ短いほど、試験日から逆算して試験勉強を行う必要があります。

たった1ヶ月? いいえ、あと1ヶ月もあるのです。まずは問題を解いてみて自分の実力を知りましょう。そして誤答を分析し、残された時間で何ができるかを考える。まだ本も開いてないよ、というそこのあなた! 今すぐ過去問を解いてみましょう!

ちなみにわたくしセムはこのたびHSK3級(2015年1月)を受験します。一緒にがんばってくれる方いませんか?

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

  • この記事を書いた豆

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-枝豆のつぶやき
-,

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 All Rights Reserved.