枝豆のつぶやき

えだまめ栽培セットの中身を公開! 枝豆が枝豆を育てることにした。

投稿日:2015年5月20日 更新日:

ゆでたての枝豆

こんにちは、セムです。わたくしかれこれ5年ほど豆を名乗っているわけですが、先日友人のたけちよ姫よりわたくしセムのハートにズキュン!と突き刺さるような素晴らしいプレゼントをもらいました。その正体はこちら!

種から育てるおいしいえだまめ!

枝豆栽培セット おつまみ小ザルつき

どーん!えだまめ栽培セット~

なんとこれがあれば枝豆を家で育てられるとのこと。箱を開けるのがわくわくします! さぁ箱の中身が気になる方はこのまま続きを読みましょう。

枝豆の豆知識

枝豆栽培セット えだまめは未成熟の大豆の呼び名です

まずは箱をじっくりと観察。この説明によると、枝豆は未成熟の大豆の呼び名です、と書いてあります。意外に知られてないようですが、野菜辞典の豆ページを読み込んだセムの場合は基礎知識として入っていました。品種にもよりますが、枝豆を放っておくと黄色くなって、味もいわゆる大豆の味に変わります。ゆでると豆腐みたいになります。

枝豆と大豆になりかけの豆と大豆を同時に茹でてみた写真はこちら

枝豆と大豆を一緒に茹でた

この栽培キットに入っている豆はあまり背が高くない品種らしいので、我が家のようにベランダ菜園でも植えられるようです。種まきから実がなるまでの全過程を自宅で楽しめるだなんて考えただけでも笑みがこぼれます。

それでは開封の儀

枝豆栽培キットの箱

さぁそれでは箱を開封いたします。ワクワクドキドキ♪

枝豆栽培キットの箱を開けてみた

まずは鉢と土がお目見えです。

中身をチェック

枝豆栽培キットの中身

中身を全部取り出してみました。中には鉢、培養土、種、説明書、鉢底ネット、そして小ザル(笑) 必要なものはすべてそろっています。

ビールジョッキ柄の鉢

この鉢のデザイン、ビールになってるし(笑)有機栽培枝豆100%って、それビールじゃなくて豆やん!ってつっこみたい。

ゆでた枝豆を入れるための小さなざる

そしてこの小ザル。これはおつまみ用のゆでた枝豆を入れるザルなのだそうです。説明書には鉢の受け皿を用意してくださいとわざわざ一番最初に書いてあるので、これは受け皿になる予定ではないらしいです。あくまでこれは、「ゆでた枝豆」を入れるために特別に用意されているのだそうで。こだわりが見えてきます。そして豆のこだわりをくすぐられています。弱いところを突いてくるなぁオイッ!

豆ブロ初公開、枝豆の種!

枝豆の種

さぁ、そしてこれが豆ブロ初公開、枝豆の種です。マメ類なので、最初は豆です。からっからに乾いていたのでまさに大豆そのものでした。ゆでたら食べられそうですが、食べてはだめだと説明書に書いてあったので植えることにします。

今から枝豆を植えます

鉢の底に網を敷きます

まずは付属の鉢底ネットを底に敷きます。そして培養土を中に入れます。

豆を土に植えたときの様子

1~2cmほどの深さの穴をあけ、そこに豆を植えます。そしてそっと土をかぶせたら水をやって終了。豆は5個ついていましたが、全部同じ鉢に植えると間引きのときに悲しくなってしまいそうだったので、この鉢には2個だけ植えて、残りの3個はちょっと広めの枝豆農場空き地に植えてやることにしました。

2015/05/17 枝豆を植える

受け皿は自分で用意しました。そして2015年5月17日、枝豆が枝豆を育て始める記念日となったのです。

これから芽が出て葉が出て花が咲いたら実ができる。うおーっ、考えただけでテンションがあがります。ただ、高層階なので虫がいないため、実をつけるかどうかがちょっと心配。花が咲いたらお手伝いが必要なのかもしれません。

新しい仲間を迎えた枝豆農園。今年の夏が楽しみです。これからもちょくちょく豆の成長日記をお届けしますのでお楽しみに!

枝豆が食べたくなったあなたのために・・・

えだまめ栽培キット関連の記事はこちら(成長の軌跡をご覧ください)

枝豆の芽が出た! えだまめ栽培セット育成日記
枝豆栽培を開始して75日目、ついに初収穫!

豆カレ2019販売ページに移動する!

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 プロフィール詳細ページはこちら

-枝豆のつぶやき
-, ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.