買ってよかった(レビュー記事)

セムの読書感想文: ジョブズの伝記『スティーブ・ジョブズ I (1)』

投稿日:2015年5月3日 更新日:

スティーブ・ジョブズ I

こんにちは、セムです。さて、最近寝る前のスマホいじりをやめ、読書に切り替える生活を送っています。読んではやめ、また読んではやめを繰り返してきたアップル創業者、スティーブ・ジョブスの伝記、最近ようやく上巻『スティーブ・ジョブズ I 』を読み終えました。いやぁ、長かった・・・

上巻の内容

登場する時代: 出生から30代の話

ジョブスの出生から学生時代、アップル誕生、マッキントッシュ開発、アップル追放、ピクサーでのトイストーリー制作までのざっと40年間をつづった内容になっています。まだこの段階ではiPhoneとかは出てきません。

登場人物がわかりにくいのが難点

ただこの本、正直読みやすい構造かと言われれば、答えはNOです。原書がそうなのか、翻訳版だからそうなのかはわかりませんが、小説とは異なりひとりの実在した人間の話なので、とにかく登場人物が多い。しかも全部カタカナ(アメリカの話なんだからそれは当たり前)。そして名前だけでは男性か女性かもわからない。

さらにその登場人物がフルネームで登場したり、ニックネームで登場したり、姓または名前だけで複数回に渡って登場したりするものだから、もう誰が誰だかよく分からない。唯一すぐに覚えられたのはビル・ゲイツでした。物語が展開し、誰かが登場するたびに「あれ、この人誰だっけ?」が続くため何度も読み返さなければならず、正直わたしによってはストレスのかかる1冊でした。

人物相関図はないものか・・・と思ったらありました。映画版の相関図ですが、主な登場人物は出ているので書籍版を読み進める際にも参考になりそうです。

Characters|映画『スティーブ・ジョブズ』公式サイト
スティーブ・ジョブスまわりの人物相関図。(映画「Steve Jobs」より)

おもしろくなってきたのは30歳を過ぎてから

学生時代の頃からずいぶん変わった人生を送り、時には周りを振り回し、時にはいい方向に巻き込んできたスティーブ。最初のほうはなかなか世間一般の常識とはかけ離れた生き方に共感を持てずにおり、また文化的なこともあってか彼の世界にどっぷりと入っていけず、ページが進まない日々が続きました。

ところが話が30代に入っていくと彼の人生に興味が湧き、内容がおもしろく感じるようになりました。本を買ったのは数年前(確か2012年頃に購入)ですが、ようやくわたしも彼の人生がちょっとだけわかるようになったのでしょうか。ちょうど30年前に30代前半だったジョブス。彼が30代に何をしていたのかに純粋に興味がありました。

一番印象に残ったエピソード

彼は生前に各種の名言を残していますが、その中でもわたしが一番印象に残っているのはジョブスが30歳の誕生日を迎える時の話です。

1985年2月に30歳を迎えたスティーブはサンフランシスコで誕生日パーティを開くのですが、その招待状にはこう書いてあったそうです。

「ヒンズー教の古い格言によると、『人生前半の30年は人が習慣を作る。人生後半の30年は習慣が人を作る。』そうです。この節目を祝う会にどうぞお集まりください。」
『スティーブ・ジョブズ I 』297ページ - 30歳という節目 より

この「人生前半の30年は人が習慣を作る。人生後半の30年は習慣が人を作る」という部分はとても印象的だったと同時に、自分のことを振り返るきっかけになりました。やはり30という年齢は人生の大きな節目なんですね。

セムのひとこと: 下巻はいよいよiPhoneの話が出るぞ

上巻の後半から始まった彼の30代までの人生。彼の人生後半戦は主に下巻で語られるのでしょう。また、iPhoneやiTunesなどの今のアップルを代表する製品が世に出るのも後半部分です。広島弁吹替で有名なあのジョナサン・アイブとの出会いも語られるはずです。

下巻は読むまでにどれくらい時間がかかるかわかりませんが、また読み終わったら豆ブロに読書感想文を残せればと思います。

下巻はこちら

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 プロフィール詳細ページはこちら

-買ってよかった(レビュー記事)
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.