韓国生活のリアルな話

韓国のお気に入り文具: ちびない、削らなくていい自動鉛筆

更新日:

自動鉛筆のケース

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。

さて、今日はセムのおすすめ文房具をご紹介したいと思います。

日頃はボールペン派なのですが、試験のときなどに鉛筆が必要なこともあります。そしていざ使おうという段になって先がとがってなかったり、鉛筆削りが見つからなかったり・・・それならシャーペンでいいじゃないかということになりますが、マークシート式の試験の場合、シャーペンは時間を無駄に食います。

鉛筆とシャーペンの間をいくアイテムはないものか・・・と思っていた10年前韓国で見つけたのがこの自動鉛筆(자동연필)。このたび10年ぶりに買いかえるのを機に、豆ブロでみなさんにもご紹介したいと思います。

鉛筆の先っちょを見てみよう

2本の自動鉛筆を比べてみる

これが自動鉛筆のさきっちょです。自動といっても別に機械が入っているわけではなく、中の芯がノックなしで自動で出てくるというもの。写真の上にある黄色の鉛筆は10年前に購入したもの、そして下の白鉛筆はこのたび購入したものです。

黄色の鉛筆、実際はこんなに芯が飛び出ているわけではありません。セムダーが胸ポケットに突っ込んで歩いた結果、芯が飛び出てしまったようです。

HBの自動鉛筆と2Bの自動鉛筆

上の黄色はHB、下の白は2Bです。HBはマークシートではちょっと不便なので、今回は濃い目の2Bにしました。見た目はまさに鉛筆そのもの。使い心地もとがった鉛筆とかわりません。

自動鉛筆の特徴

自動鉛筆を使う5つのメリット

1. お手ごろ価格: 1本2000ウォン前後

2. お手入れ簡単: 使った分だけ芯が出てくるので、鉛筆削りは不要。

3. とっても丈夫: 単純な構造なので、シャーペンのように芯が詰まって壊れるということがない。

4. 芯が折れない: 字を書いているときにシャーペンのように芯が折れない。ずっと連続で書いていられます。

5. ノック不要: ノックしなくてもいいので静かです。

どこで買えるの?

韓国の大きな書店に入っている文具屋やLINKOなどの大型文具店で取り扱いがあります。ちなみにわたしは今回COEXのLINKOで購入しました。

探してみるとAmazonでも似たようなのがありました。わたしのも台湾製なので、同じ会社かもしれませんね。(確認はしてません)

セムのひとこと: ちょっとしたおみやげにいいかも

これはいいぞ、と使い始めて早10年。使用頻度はそれほど高くないので10年たった今でもまだ使えているのですが、ヘビーユーザーの方は替え芯も買えますのでいっしょに揃えておくといいかもです。先日のHSK(中国語検定)でもそうですし、鉛筆マークシートの試験には必ずお守りのように持ち歩いています。(TOEICはこれではしんどいので4Bのちびた鉛筆を持っていきますけどね。)

お値段も手ごろでサイズも小さいので、韓国語を勉強するお友達へのプレゼントとかにいかがでしょうか。というわけで、今日は豆チョイスの文房具、自動鉛筆をご紹介しました。

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-韓国生活のリアルな話
-,

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 AllRights Reserved.