枝豆のつぶやき

セムのHSK(中国語検定)4級試験対策: 1ヶ月で合格を目指す!

更新日:

HSK4級過去問(韓国語版)

HSK4級の試験を週末に受けます、セム(@ssem1622)です。

みなさん、ずいぶんご無沙汰しておりましたが、わたくしセム、元気にやっております。ここ最近仕事と勉強とだらけてるのとで時間があっという間に過ぎてしまいましたが、なんとか夏を乗り越えて今に至ります。

実はわたくしセム、出産前プロジェクトのひとつとして、2015年の目標のひとつであるHSK(汉语水平考试・中国語検定)4級に挑戦することにいたしました。試験直前の今、セムの学習状況を世界のみなさんに晒そうと思います。

豆カレ2018 好評発売中

韓国のHSK

開催頻度

韓国ではTOEIC同様、HSKも毎月開催です。さすが資格大国だけあります。結果は1ヵ月後に発表されます。韓国に住む外国人も受験可能です。

公式サイト: http://www.hsk.or.kr/

試験料(値上がりしてるし・・・)

4級は68,000ウォン…(日本では6,264円)。軽い気持ちで挑戦できる金額ではなくなってました。試験全体で値上がりしたようです。前回の3級の時は35,000ウォンとお手ごろ価格だったのに・・・(現在は50,000ウォン(日本: 5,184円)に値上がりしています。)

試験内容

試験内容は日本のものと同じです(世界共通)。参考までに日本のサイトよりレベルの説明文を引用します。

1200語程度の常用単語と文法知識を習得している者を対象としています。
大学の第二外国語における第二年度後期履修程度の学習が目安とされています。

引用: 中国語検定HPより http://www.hskj.jp/level/level04.html

まずは敵を知れ、HSK3級と4級の違い

前回はとりあえず安全圏で行こうということで3級を受験しました。今回は今年の本来の目標である4級に挑戦するべく申込締切ギリギリで申請。

リスニングの回数は1回

3級との大きな違いその1はリスニングの回数です。3級までは2回読んでくれていたのですが、4級からは1回限りになります。ぼーっとしてるとハイ終了!となるので、集中力がさらに必要とされます。

書写部分の形式が異なる

3級との大きな違いその2は最後の問題である書写の出題形式です。3級までは文脈にある漢字を書くというものでしたが、4級からは写真を見て文章を書くという形式です。答えがひとつじゃないので、どう対策をするか・・・配点も高いので事前の練習が必要です。

ネットで調べていると、この問題は部分点が稼げる模様。わたしはここの部分が弱いので、中間点を狙うことにしました。
新HSK考試配点に関する説明(自己採点用) | 続・史織の上海修業ブログ

セムのHSK4級対策

文法レベルは去年の上海交通大学の語学堂2級レベルとほぼ同じだったのですが、単語レベルは試験の方が上です。

とにかく過去問を攻める

3級のときと同様、試験対策にかけられる時間が1ヶ月もなかったので、とにかく語彙を増やすことに集中することにしました。HSK公式過去問を解きつつはじめて出会う語彙をチェックしていくという方式です。

わかる問題は解説だけ読んで、間違えたりよく分からなかった問題はノートに書き出して語彙などをチェックしています。過去問の回数を進めていくうちに同じような単語がよく使われることがわかってきました。今のところ過去問では合格ラインなので、この調子でもう1~2回分問題を解いていきたいと思います。

iPadとEvernoteを活用したペーパーレス学習にチャレンジ

そして今回の試験より、わたくしセムは新しい学習方法にチャレンジすることにしました。これまで学習ノートを作って書いてはメモし、ということを繰り返していたのですが、今回からはEvernoteを活用することにしました。

Evernoteの手書きアプリ「Penultimate」を使って中国語を学習する

Penultimate

無料
(2015.09.08時点)
posted with ポチレバ

PenultimateはiPad専用の手書きアプリなのですが、書いた内容が全部Evernoteに自動同期されます。最初書くのにちょっと慣れが必要ですが、慣れればすぐに書けるようになります。ノートを持ち歩かなくても、いつでもどこでもスマホで復習が可能な手書きノート、今回の試験勉強で大活躍中です。

このPenultimate+Evernoteについてはまた詳しく別記事で取り上げたいと思いますのでお楽しみに!

関連記事: Evernoteとpenultimateで内容が検索できる便利なデジタル語学学習ノートを作ろう

セムのひとこと: 試験は目の前、最善を尽くすのみ!

いよいよ試験は今週末、9月13日(日)です。 合格目指してがんばります!

【追記(2015年10月14日)】: 結果発表

2015年9月13日に受験したHSK(汉语水平考试・中国語検定)4級、合格しました!

テストで100点をとった豆結果は听力(リスニング)、阅读(リーディング)、写作(作文)合わせて256点! 各科目80点をクリアしました~。
過去問を繰り返しとき、4級に出てくる単語をしっかりチェックしたのがよかったようです。

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

  • この記事を書いた豆

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-枝豆のつぶやき
-, , ,

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 All Rights Reserved.