枝豆のつぶやき

フリーミアムの2つのタイプ

投稿日:

image

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。さて、最近iPadで描けるイラストアプリを探しているのですが、有料のアプリもあれば、無料のアプリもあり…とアプリを選んでいる中で、フリーミアムという課金モデルにいつの間にかどっぷりつかってて、いろんなサービスにそれを求めている自分に気づきました。

近年Webサービスやアプリに増えたフリーミアムというビジネスモデルについて、今日はいろいろ考えてみたいと思います。

豆カレ2018 好評発売中

フリーミアム(freemium)とは

フリーミアム(Freemium)とは、基本的なサービスや製品は無料で提供し、さらに高度な機能や特別な機能については料金を課金する仕組みのビジネスモデルである。(Wikipediaより引用)

要は最初の導入ハードルを下げるために使うビジネスモデルなのですが、最近増えているフリーミアムというモデルは大きく2つのパターンに分けられます。

パターン1. 最初の無料お試し期間でプレミアム機能をすべて試すことができ、一定の期間が過ぎるとグレードダウンする(機能制限がかかる)

最初のお試し期間は無料ですべての機能が使え、その期間が過ぎたらサービスがグレードダウンするというパターンです。企業向けのWebサービスに多いタイプです。

まずは有料で使える全機能を使ってみてねーというものですが、グレードダウンしてしまうと一気に使わなくなってしまうことが多いのが難点。最初の時点で顧客リストは得られますが、課金という段階になると使用を中止してしまうこともあります。

もちろん制限がかかる機能がサービスの核心にあたる場合は顧客はお金を払ってくれます。どんなサービスでもお金をもらうか広告を載せるかしないと成り立たないので、課金してくれない顧客には最初に獲得した顧客リストにメールマガジンを送るなど、継続的なマーケティング活動が必要となります。

パターン2. 最初から無料アカウントのみの機能を公開し、お金を払えばさらにバージョンアップした機能を使えるようになる

有名どころだとEvernoteやDropboxなどがこの例にあてはまることが多いです。個人向けのWebサービスやアプリにこのパターンが多いですね。無料で低いグレード(といっても思いっきり低いわけではなく、生活に入り込むくらいの期間使えるだけのサービスは用意されている)を使い、さらに高い機能を求める人にはお金を払ってくれたらさらに上級の機能を提供しますよ、というタイプです。

課金プランもWebサービスの場合は無料ユーザー(容量低め)向け、ミドルユーザー(そこそこ使う)向け、ヘビーユーザー(がっつり使う)向けの3段階展開、アプリだとアドオン(追加機能)のバラ売りというモデルがよく使われています。

気がつけば生活の一部になっており、サービスやアプリを使わない生活が想像できなくなるという形を作ってしまうパターンです。わたしも手放せなくなってしまうとついつい財布のひもがゆるんでしまい、気がつけば「お買い上げー♪」みたいなことになっています。

セムのひとこと: いいものを無料でちょっと試せるという価値が当たり前になってきた

Webサービスやアプリなど、形のないものに対する価値がオンラインで取引されるようになることにより、「とりあえずは最初は無料で試せる」という価値が当たり前になってきたんだな、ということを日々感じます。もちろん価値があると判断したものについてはちゃんとお金を払う準備はあります。ただ、今日はひとつも試してないのに高い金額を払わなければいけない(しかも払い戻しができるかどうかが不透明)、というものにお金を払うのにすごく抵抗を感じてしまったのです。

ちょっと昔までは最初から有料のサービスやアプリが普通に売られていたのですが、最近は最初から有料で販売されているアプリを見て「ギョッ」と驚いている自分にびっくりしたので記事を一本書いてみました。以上、本日の豆のつぶやきでした~

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

  • この記事を書いた豆

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-枝豆のつぶやき
-

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 All Rights Reserved.