韓国生活のリアルな話

上級者こそ韓国語を丁寧に発音しよう

投稿日:

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。さて、わたくしセム、現在韓国人に囲まれて産後ケア専門の施設、産後調理院(チョリウォン)に来ているわけですが、ここでは当然生活の98%が韓国語です。産後で参っていても、使わなければ生活できないという状況なのですが、やはりはじめての人ばかりなので聞き取りもスピーキングも難しいです。

なかなか聞き取ってもらえなかったり、自分の言いたいことが通じなかったり…ここでは聞かれなければあえて自分から日本人だとは言ってないのですが、そろそろみんな「なんかちょっと違う」と気づきだしたようです。

えっ?とかはっ?とか言われるたびに凹んでなかなかしゃべるのもしんどいのですが、ここでは自分の言いたいことをちゃんと言わないとやっていけません。今日の豆ブロでは上級者こそおさえておきたい、わたしが個人的に苦手とする発音を中心に、韓国語の発音についてのお話をしたいと思います。

上級者だからこそ、高いレベルが求められる

母音や子音のちょっとした違い、なかなかネイティブでないわたしたちにはその違いがはっきりわからないことも多く、何となくで発音している方も多いかと思います。

慣れた相手だったり、またいっそたどたどしく話せば多少の発音の違いを相手がくみ取って聞いてくれるのですが、ある程度意思疎通に問題がなくなってくると、相手も手加減なく聞いてくるので聞き取ってもらえないこともしばしば。上級になればなるほど、ある意味「外国人フィルター」を取っ払って聞いてくれるのですが、その分高いレベルが要求されます。

ちゃんと発音しないと通じない: 母音編

(1)오と어

韓国語の母音오と어

오と어、わたしが苦手なのは오です。日本語の「う」よりもしっかり口をすぼめないとこの音に認識してもらえません。ちょっとでもゆるんでいると어に聞こえるようで、「はっ?」って言われます(涙) 日本語の「お」は오と어の中間くらいの音なので、この発音でしゃべるとなんだかあいまいに聞こえるようです。

(2)우と으

韓国語の母音우と으

우と으も同様で、우はくちびるをしっかり使って発音する必要があります。日本語ネイティブにとってはちょっと口がしんどいくらいがポイントです。

二重母音は우や오をしっかり発音する

もちろん方言などの影響で二重母音の最初の音をはっきり発音しないことも多々ありますが、相手がその方言話者でないとそれは通じません。確実に通じるように話すには、二重母音を丁寧に話すようにしましょう。

たとえばよく使う괜찮아요なんてのは状況と場合に応じて聞き取ってはもらますが、相手にとって聞きなれない単語の場合は「えっ?」と言われることも多いので、ここはしっかり丁寧に。

ちゃんと発音しないと通じない: 子音編

韓国語の激音・濃音・平音のコツ

母音以上に気をつかうのが子音。日本人がざ行とじゃ行、清音と濁音をはっきり使い分けているように、韓国語では激音、濃音、平音をしっかり使い分けています。これを間違えると悲しいくらいに聞き取ってもらえません(涙)

激音: 息をしっかり出して、ちょっと高めのトーン

コツとしては、激音はしっかり息を出すのと、音も他の音にくらべて若干トーンが高くなります。激音を発音するのはしんどいですが、しんどいくらいがちょうどいいのです。

濃音: のどをクッとしめる

濃音はのどにつまる音なのですが、日本人の場合はちっちゃい「つ」が入る音、と習った方も多いと思います。一拍おけば自然とのどに詰まったような音が出ます。トーンは激音と平音の間くらい。息は出ません。何度も発音してみてのどがちょっとしんどいな…と感じたらうまく発音できている証拠です。

平音: 濁らせすぎないように発音する

平音は日本人話者の場合、濁らせすぎないのがポイントです。特に語頭に来る平音を濁らせすぎる日本人が多いように感じます。聞き取ってはもらえますが、明らかに韓国語ネイティブの発音とは異なります。

のどをリラックスさせて発音すれば自然に出る音なので、日本語の濁音からちょっと力を抜いたイメージで発音してみるといいといいでしょう。

セムのひとこと: 韓国語をしゃべるのは日本語よりも力がいる

韓国語で話したらあ~疲れた、という経験、きっと多いと思います。頭を使うからというのももちろんですが、口やのどを日本語以上に使われなければならないので疲れるのは当然なのです。

日本語はいろいろな言語の中でも話すのに力がいらない言語と言われています。つまり、力をいれなくても、ごにょごにょしゃべっても通じちゃうのが日本語。一方、韓国語はそういうわけにはいきません。

顔や唇の筋肉を鍛えるぞ!という気持ちでぜひ韓国語の発音にトライしてみてください。はっきり発音するとちゃんと聞き取ってもらえるのでコミュニケーションもスムーズにいきますよ^^

おすすめ関連記事: 韓国語らしく書く、とはどういうことか|枝豆ポッドキャスト放送局
「話す」のポイントをマスターしたら、次は「書く」のポイントをマスターしましょう

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-韓国生活のリアルな話
-

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 AllRights Reserved.