韓国での妊娠・出産・子育て 韓国生活のリアルな話

豆太郎氏、保育園デビュー☆1日目を無事終了!

投稿日:2017年3月2日 更新日:

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

本日より我が息子、豆太郎が保育園正規クラスデビューいたしました。今日からは給食も出るし、おやつも出るし、18時の縛りもなし。ただ、先生が変わるということで午前中だけはいてくださいと言われ、はじめて午前中いっぱい保育園で一緒に時間を過ごしました。

関連記事: 祝! 息子、豆太郎の保育園が決まり、待機児童卒業しました!

実はこれまでも時間預かりコースに通っていた豆太郎氏。最初は右も左もわからない、人見知りが始まる前から通わせていたので園内ではすっかりベテラン、大先輩の風を吹かせております。

が、はじめての先生にはじめての教室ということで、午前中いっぱい一緒にいたのですが、これまで見たことのなかった豆太郎の姿をたくさん発見し、その成長におおーっとなった1日でした。

豆太郎の成長に母感動

 

大きくなった豆太郎、保育園初日編

先生と音楽を聞いて肩を揺らしてみたり、クレヨンを握って絵を描いてみたり、洗面所で手洗いや歯みがきができたり、フォークが使えてたり、キムチ食べてたり(笑) これまで家では見せたことのない、ちょっとお兄ちゃんになった豆太郎氏の姿がとても頼もしく感じました。

豆太郎は豆太郎なりに、お外ではシャキッとやってるようです。

保育園に通わせて正解だった

よくいろんな方に「そんなにちっちゃいのにもう保育園? まぁ大変ね~」なんてよく言われますが、ちゃんとごあいさつができたり、年齢にあったおもちゃや遊びが仲間とできるというのは団体生活ゆえ体験できることです。

そういった意味では早いうちから保育園に通わせておいてよかったな~と思います。

やっぱり今日も走れメロス

正規クラスに上がって18時までのお迎え、という縛りはなくなったのですが、やっぱりこれからも退勤後の走れメロスは続くようです。

というのも今日、ちょっと遅れて18時10分に到着したところ、園内はがら~ん…

ほとんどの子たちが18時にはお迎えに来ているようです。一応19時半までは預かってもらえますが、先生と二人っきりで寂しい思いをするのでは…と思うとこれからも空気読まずにさっさと退勤せねばと決心した次第です。

セム

セムのひとこと: これからも成長が楽しみです

今日は不安な気持ちにも耐え、ひとりで頑張った豆太郎をめいっぱいほめてやりました。今日から保育手帳ももらえ、新生活に慣れるために頑張っている息子・豆太郎。この子のためにも一生懸命働き、できるだけ早くお迎えに行こうと決心したわたくし枝豆でした。

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 プロフィール詳細ページはこちら

-韓国での妊娠・出産・子育て, 韓国生活のリアルな話
-

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.