枝豆のつぶやき 韓国生活のリアルな話

韓国で子どもを保育園に通わせるなら必須スキル! 手書きの韓国語と連絡帳

投稿日:

手書きのハングル

みなさんこんにちは、保育園1歳児クラス、月組さんのママ枝豆セム(@ssem1622)です。

さて、この春より我が息子、豆太郎が保育園に通いだしたのですが、以前の時間預かりと違い、正規クラス特有のタスクが増えました。それは…連絡帳。

毎日先生との交換日記をやっております。これがなかなか大変なんだよなーということで、韓国で子どもを保育園に通わせるママ、ぜひこの記事で疑似体験をしてみてくださいね。韓国でママやるなら手書きスキルも必要ですよ-



豆太郎の連絡帳、世界初公開

豆太郎の保育園連絡帳

表紙はこんな感じで、豆シールをペタリ。このフォーマットはいろんな保育園で使われているようです。

手書きの連絡帳の中身

上は両親の記入欄、下は先生の記入欄です。

連絡帳の記入欄に書く内容

体調チェックから食事の有無、お昼寝やうんちの状況など、毎日書くことがたくさん。そして下には自由通信欄という名のタスクが待っております。

先生も何人分も書くのに忙しいのでしょうか、ほぼ暗号レベルの文字で帰ってくるので、毎日解読が大変です(笑) 担任の先生は2人いるのですが、A先生の字は暗号レベル、B先生の字は(A先生に比べると)読みやすいといった感じです。ちなみにこの写真の文字はA先生です。

毎日こんなことして遊びました、楽しそうにしていました、と書いてあるので(解読は大変ですが)読むのが1日の楽しみでもあります。

さすがに毎日だとネタが切れてきた

保育園に通い始めて2ヶ月ほどたった今、毎日書いてるとさすがにネタが尽きてくるので、その時のセムの切り返し方はというと…

  1. 先生の書いた内容を引用して書く
  2. 今週も豆太郎のかわいい姿をいっぱい教えて下さいね~みたいな無難な文章を書く
  3. 字を大きくする

これも親の大事なタスク…ということで今日もしっかり書き込んでます。なぜか空欄が多いと申し訳なくて…

ネット中心の社会だけど、やっぱり手書きも必要

韓国はいろんなことがオンライン申請できたり、ファイルで送って申請することもできるのですが、さすがにまだ保育園では手書きが根強く残っているようです。これもそのうちアプリになるのかもしれませんが、少なくとも豆太郎が通っているうちは改革は起こりそうにはありません…

というわけで韓国でママやってるみなさん、これからママになるみなさん、手書きスキルいりますよ~こればかりは練習あるのみなので、読みやすい字を目指して今日も練習あるのみです! そこでこんな本を見つけましたよ! 

セム
練習帳スタイルで、子音・母音をひとつずつ学べますよ!

いつか子どもを保育園に送る日のために準備してみてくださいね。それではっ!

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-枝豆のつぶやき, 韓国生活のリアルな話
-

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 All Rights Reserved.