韓国生活のリアルな話

韓国大統領選2017 期日前投票(事前投票)直撃レポート

投稿日:

2017韓国大統領選 期日前投票

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。本日は南の島からお届けします。

さて、韓国は大統領選挙直前ということで人が集まるところには選挙カーもやってくるという状況だったのですが、今回はセムダー家のみなさんがひと足早く投票を済ませるとのことなのでそれについて行きました。

今回は前回の選挙と異なり、事前投票という選挙日よりも前に行う形式で投票を行いました。(…といってもわたしには選挙権ないのでついていっただけですが)

今回も投票所に自ら足を運んで直撃レポートしてまいりますよ! 2017大統領選、事前投票会場の様子を写真とともにお楽しみください。

事前投票とは

韓国では期日前投票と不在者投票が分かれておらず、すべて事前投票(사전투표)と呼ばれています。

今回の選挙では本来の投票日は5月9日ですが、事前投票は5月4日と5日の2日間実施され、登録住所地以外の会場でも住民登録証または運転免許証があれば全国どこの投票所でも投票できます。

また、事前投票は事前に登録等も必要なく、さらに事前投票を行う理由を言う必要もありません。3日間のうちどっかで投票してねーという比較的ゆるゆるな制度のようです。

選挙日は休みになる会社も多く、8日に有休をはさみこめば4日から休んでも6連休になります。4日に出国する人も多いということで仁川国際空港にも投票所が設置され、多くの人が空港で投票を済ませたそうです。

参考: 期日前投票と不在者投票は何が違うの?

写真で見る事前投票会場の様子

 

入口にはこのように(投票所名)事前投票所と書いてあります。ここでは南の島事前投票所ですね。投票後に写真を撮るフォトエリアもこちらになります。

入口には事前投票の案内、そして投票用紙を撮らないでねーという案内のポスターが貼ってありました。投票用紙をついウキウキ気分で撮ってしまうと400万ウォン以下の罰金刑になるらしいので要注意。

中はこのようになっており、左は住所地在住者用の期日前投票ブース、右は他地域の住民用の不在者&期日前投票ブースとなっています。お義父さんお義母さんは左へ、セムダーは右へ進んでいきました。

5月5日夜9時の事前投票率は26.02%

今回は大統領選への国民の関心も高く、また連休シーズンの影響もあり事前投票を選択する人がかなり多い模様。

ただ、セムダー曰くこれらの票がちゃんと扱われるのかはうーん、微妙…とのこと。在外者の場合はまとめて自分の選挙区に送られるそうなのですが、ちゃんと送られて清き一票となることを祈るのみです。

セム
頼むぜ選管!

また、投票率が高いのは素晴らしいことではありますが、セムダーとしてはみんなが事前投票を選んでしまうと選挙日自体が公休日にならなくなるんじゃないか…と心配なんだそうです。確かにそれもごもっともな話ですね。

今回は車があるうちに投票しとこうということで義両親の投票のついでに投票したセムダーでしたが、次回は選挙当日に投票したいとのことでした。

というわけで今回は事前投票についていった話をお届けしました。投票を無事済ませたので、9日当日はセムダーは豆太郎の子守という重大なミッションが課せられる予定であります。

怒り豆
保育園は公休日のため休みで、セムの会社は午前半休のみ…(# ゚Д゚)

結果はいかに?! 9日の夜明らかになります。乞うご期待!

以前の韓国選挙関連の記事もチェ〜ック

選挙に行ってきましたよ~枝豆とともに!
今日は韓国の地方選挙!

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。 本日は韓国は選挙日のため、全国的にお休みモードです。さらにあさってはまた祝日のため、サンドイッチ休暇をとり遠くにでかける人も多い今日この頃です ...

続きを見る

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

忍者_豆ブロ記事下(左)_170507

豆ブロ人気記事

Wix.comのテンプレート一例 1

企業サイトを作る際に担当者はいろいろなサービスを比較検討しているはずです。最近Facebook広告によく登場するWix.comが企業サイトに向いているのか、Wordpressユーザーという視点で見ていきたいと思います。

呼称の洗濯を間違えたゆえに微妙な空気が流れる二人 2

【人気記事】ビジネス韓国語で相手をどう呼ぶかは非常に重要な問題。「○○씨」=○○さんではないことに注目。

【画像】Panasonic ジェットウォッシャー 携帯用 海外用 外箱と本体 3

水で食べかすを吹っ飛ばすジェットウォッシャー。すっきりできておすすめです。韓国でも買えますよ。

-韓国生活のリアルな話
-,

Copyright© 枝豆ポッドキャスト放送局 , 2017 AllRights Reserved.