韓国での妊娠・出産・子育て 韓国の会社で働く枝豆

韓国の産休制度とちょっと気になるお金の話

投稿日:2017年12月23日 更新日:

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。

さて、前回の記事で産休に入りましたよーというお話をしましたが、気になるのは休暇中のお金のこと。

産休は雇用保険に加入している社員に適用されるものですが、正直休んでる間いろんな手続きはどうなるの?ということで自社や他社の人事や経理などの各部署に人に話を聞いたり、政府のホームページを見てみました。

きっとこれから韓国で産休の準備をされる方が気になるであろう内容を簡単に記録しているので参考にしてみてください。



産休取得の条件

産休を取得するには雇用保険の加入者である必要があり、かつ勤務中の会社で180日間を満たす必要があります。 90日間取得できますが、必ず産後45日は確保する必要があります

つまり、あまり早くから産休には入れません。8ヶ月いっぱいで休もうと思ってたのですがあっさり却下されました。

あとは180日間という加入義務期間も重要です。転職したてだと産休使えないので注意しましょう。

気になる! 産休中の給与はどうなるの?

産休(産前/産後休暇)は有給休暇なので、会社と雇用保険から給与が出ます。

産休から戻った先輩と経理担当者の話によると通常賃金(基本給+食費などの非課税給与)が2ヶ月間、そして最後の30日は雇用保険から150万ウォンがもらえるらしいのですが、まだ実はもらえてません。

本来なら会社の給料日にもらえるはずなのですが会社の手違いでいつもの給料が入っててマメビックリでございました。休職処理がされてなかったかららしいのですが、いやいや残念ヌカ喜び。結局返しました。今月末までには入れてくれるそうです。

とりあえず12月は一日も出社してませんが、無給ではないようです。詳細は90日分フルでもらってみてからまた記事にしたいと思います。

産休時給与の申請方法

産休に入ってからすぐにするわけではなく、産休開始から30日後から雇用保険のサイトで申請するとのこと。なお、そのまま育休に突入しない場合は産休明けに職場復帰してから一気にまとめて450万受け取るのも可能だそうです。

わたしはそのまま育休も取ろうと思ってるので複数の手続きをスムーズに行うためにも2人目の出生申告が終わってからぼちぼちやっていこうかと思っています。

とりあえず今はまだ何もしておらず、ただ会社に行ってないだけなので多少不安な面はありますが、とりあえずもらえるものはもらっておきたいと思います。

産休時の給与もそうですが、同じくお金のことについて心配なのは社会保険などのこと。これから赤ちゃんの病院にかかったり予防接種をしたりなど必要になるのでこれらを担当する経理担当者にあれこれ聞いてきました。

休職中の社会保険と税金処理

最後の出社日に経理担当者に突撃インタビューです。

セム
健康保険はどうなるんですか?
そのままですよ。
セム
じゃあ年金とか雇用保険とかの4大保険も?
そのままです。特に何もしなくていいですよ。
セム
退職年金もですか?
とりあえずそのままです。いろいろ後から精算するので特に心配ないですよ。
セム
最後に…年末精算(年末調整)はどうすればいいですか? 自分でやらなきゃいけないですか?
いいえ、会社でやります。会社のメールに案内を送るので、その時に証明資料等をメールで提出してください。
セム
じゃあ最後に…とりあえず今すぐやっとくべきことってありますか?
ないです。とりあえず30日間経たないと産休の申請もできないので、今はゆっくり休んで出産に備えてください。今後お子さんを健康保険に入れるにしても育休を申請するにしても、今度生まれるお子さんの住民登録番号が必要になります。いろいろ手続きするのはお子さんの住民番号が出てからですね。

一番気になっていたのが年末調整だったので、会社でやってもらえるとのことでひとまず安心です。また、いろいろ調べていく中で産休そして育休は休職期間だけど在職期間として認められるということも分かりました。

というわけでいよいよ来週に迫った出産。お金のことについていろいろ調べてみましたが、実際に銀行口座に入ってきたらまた改めて記事にまとめたいと思いますのでお楽しみに! ほいじゃあね~

豆ブロ記事下_20180306_300250

豆ブロ記事下_20180306_300250

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

-韓国での妊娠・出産・子育て, 韓国の会社で働く枝豆
-, ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.