韓国での妊娠・出産・子育て 韓国生活のリアルな話

韓国で出産ミッション完了! 豆彦さん君の名は?

投稿日:2017年12月28日 更新日:

豆彦君、君の名は?

みなさんこんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。

さて、Twitter等でもお知らせした通り、枝豆セム、無事第二子を出産いたしました!3,060gの元気な男の子です。

実はまだ別の大学病院のNICUに入っているので本人とは対面できてないのですが、今週末には退院して会えるとのことです。今は毎日パパセムダーが面会に通い、保育器からのカカオ生中継をしてくれているところです。

今回は違う病院にいるのですぐに会えませんが、同じ病院にいたとしても産後すぐから赤ちゃんとの時間を過ごすわけではありません。

韓国の病院では母子同室は可能ですが、基本は母親の回復が最優先なのでいきなり赤ちゃんを同室にしたりはしません。マンガなどで見ると日本は産後いきなり赤ちゃんのお世話に突入させられるようで大変だろうなぁと思いながら見ています。

また、夜は自室ではなく新生児室に必ず預けるように言われるので病院で夜泣きで眠れないということもありません。病院、そして産後調理院(チョリウォン)ではとにかく母親の回復のみに集中できるのは韓国の嬉しいところです。とにかく夜眠れるのはでかいです。

このブログのイラスト、どうやって描いてるの?

今回は豆太郎の時より楽な産後ライフを送ってます

気のせいかもしれませんが、2回目の帝王切開だったにも関わらず今回は痛みが前回よりは楽で、食事もすぐに再開できました。(前回は5日中3日絶食だったのできつかった…)

そのおかげで歩いたりもできるようになり、豆彦に会えない以外は快適な産後を過ごしています。豆太郎も病室に遊びにきてくれました。

そろそろ名前を決めないと…

今回生まれた2号のニックネームは前々から豆彦(まめひこ)にしようと決めてたのですが、実は肝心の本名がまだ決まっていません。

パッチムなしで男の子となるとなかなか候補が絞られてくるのですが、豆太郎の時と異なり今回は胎名も付けてやれなかったのでチョリウォンに入るまでにはなんとか目処をつけたいところです。

気になるお兄ちゃんは?

二人目育児となると気になるのはお兄ちゃんの豆太郎のこと。

ソウルでセムダーと二人で保育園に通わせながら面倒みようかという話にもなっていたのですが、結局はお義父さんお義母さんのお世話になることに。明日から1ヶ月ほど島暮らしです。

豆太郎にしばらく会えないのはとてもとても寂しいですが、早く体調回復と豆彦との生活に慣れ、豆太郎をあたたかく迎えたいと思います。

セム
というわけで今日は簡単な近況報告でした。4人家族になった枝豆家をよろしくお願いいたします。

(追記)その後名前が決まったので日韓両国で出生届を出しました

誕生おめでとうシール
【韓国への出生申告】知っておくとちょっと差がつく出生証明書準備のポイント

日韓夫婦の赤ちゃんが韓国国籍を取得するのに必要な出生申告の際に提出する出生証明書の準備のポイントをご紹介します。

【日本への出生届提出】知っておくとちょっと得する! 韓国で生まれた赤ちゃんの出生届準備のポイント

韓国で生まれた赤ちゃんの日本国籍取得に必要な韓国での出生届の提出に関して、領事館サイトに書かれていない便利な情報をご紹介します。

 

豆ブロ記事下_20180306_300250

豆ブロ記事下_20180306_300250

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

-韓国での妊娠・出産・子育て, 韓国生活のリアルな話
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.