韓国の会社で働く枝豆

13月の給料、年末調整(年末精算)のシーズン到来!

投稿日:2018年1月16日 更新日:

電卓

こんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。

会社員がウキウキしだす、韓国では13月の給料と言われている年末調整(韓国では年末精算 연말정산)のシーズンがやってきました。基本的な仕組みや制度は日本と同じですが、この時期韓国の会社員は仕事中にせっせと控除申請用の書類を集めます。

わたくしセムは現在産休中ですが一応在職中なので(笑)、年末調整は他の社員と同様に会社でやってもらえます。必要書類をPDFにしてメールで送ればあとは経理で処理してくれるとのこと。

というわけで今日は韓国で働く会社員の一大イベント、年末調整をご紹介したいと思います!

簡素化サービスにより本当に手続きが簡単になった

年末調整2017

数年前より韓国国税庁の国税庁サイト(Hometax)で年末精算簡素化サービスというものがはじまり、手続きも数クリックでできるずいぶん簡単なものになりました。これができる前まではカード会社、保険会社などのサイトにそれぞれログインして印刷して提出…というずいぶん手間がかかる作業でしたが、このサービスのおかげでひとつのサイトから数クリックで書類が揃うようになりました。

セム
便利になった一方、韓国政府にすべてを知られている…というのはありますが(笑)

この印刷(またはダウンロード)した書類も経理部署が確認と社内処理のために使うものであって、データ自体はすでにオンラインで申告済み…という仕組みです。期限までに支出に関する書類を確認し、このシステムに吸い上げられなかったデータは別途追加して、控除申請書を作成すれば申告完了。その後会社がオンラインで提出した収入や天引き済みの金額諸々が精算され、還付額があれば指定の口座(給与口座)に入金されます。

朗報! HometaxがChromeに対応してた

これまで政府系のサイトはIEのみでいちいちActiveXをダウンロードして…となかなかイライラさせてくれたものですが、今年のシステムはChromeから利用できました! 公認認定書(デジタル署名)があれば会員登録なしですぐに利用できます。

韓国のおもしろい控除項目

日本の年末調整は保険等の書類を集める以外には特に何もしなかったように記憶してますが、韓国では所得控除対象額を増やすためにいろんな書類を集めます。ここで、おもしろいなと思った控除項目をご紹介していきますね。

メガネやコンタクト購入費用は医療費控除の対象になる

メガネやコンタクトなどの視力矯正具は医療費控除の対象になるとのこと。特にコンタクトは消耗品なので、控除できると助かりますね(わたくしメガネっ子ですが…)。

ただ、メガネを買う時は要注意。メガネ屋さんで買わないと医療費控除の対象にならないそうです。デパートなどで買った場合は医療器具ではなく通常の商品扱い(いわゆるアクセサリー)になってしまい、対象から外れてしまうのだとか。ちょっと高価なメガネを買う際には年末調整の対象になるかどうか聞いてみるといいでしょう。

ただ、こちら年末調整の際に自動でデータが上がってこないので、控除額に含めるには購入したメガネ屋さんに連絡して年末調整用の書類(領収書)を別途発行してもらう必要があります。

カード(クレジット/チェックカード)の利用額が控除対象になる

総収入額の25%以上のカード支払額については所得控除の対象になります。韓国の会社員がカードを利用する大きな理由のひとつです。

ちなみにチェックカードの控除率はクレジットカードの2倍にあたる30%の控除率です。韓国政府としては個人負債率が高すぎる問題に歯止めをかけるためチェックカードの利用をすすめたいという思いがあるのでしょう。

ただ、カード利用特典はクレジットカードのほうが俄然いい、ということで会社員の皆様におかれましては年収の25%までの金額はクレジットカードで支払い、残りの金額についてはチェックカードを使うのが一番賢い方法になります。4分の1まではクレジット、と覚えておくとわかりやすいですね。

セム
共働き家庭の場合は25%の壁をクリアするため、収入の少ないほうのカードを主に使うのが節税のコツだそうです。

個人年金(IRP)も所得控除の対象になる

今年各銀行で登場したIRP(個人退職年金)、こちらも所得控除の対象になります。55歳まで引き出せないのはちょっとつらいですが、長期で韓国に滞在予定で余裕資金があるという場合には節税対策になります。所得があれば外国人でも加入できますよ。

なお、このIRPですが結婚前の方はおすすめしません。IRPを途中解約するとそれまで受けた税金還付額も返還しなきゃいけないなどいろいろとめんどくさいので、わたしのように永住権ホルダーで入る墓まで決まってるわ…くらいの長期滞在予定の方のみ加入をおすすめします。

まとめ豆
まとめ豆

というわけで本日は韓国の年末調整についての話をお届けしました。

国税庁のサイトは書類提出期限である22日前後になるとつながりにくくなるので、韓国で働く日本人社員の皆様、控除資料のダウンロードは早めに済ませておきましょう。ちなみに16日午後現在、かなり空いてます。18日からは控除申請書の作成も開始とのことで混雑が予想されます。

引かれすぎた税金を取り戻すチャンス、13月の給料「年末調整」今年はいくら返ってくるでしょうか…2016年度は中途入社でしたが2017年は1年まるまる働いた+出産で医療費どーんと使ったので、ちょっとだけわくわくしてみたいと思います。

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

-韓国の会社で働く枝豆
-, , ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.