枝豆家と南の島

ミセモンジよさらば! 空気のきれいな南の島、全羅南道莞島(완도)に短期移住しました(一ヶ月)

投稿日:

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

突然ですが枝豆家、ソウルを離れて全羅南道莞島(전라남도 완도 ワンド)に来ております。

莞島(ワンド)ってどこにあるの?!

日頃Twitterで言っている南の島(義実家)、いったいどこよ?!と気になってる方も多いのではないでしょうか。(えっ、気にならないって?www)

一口に莞島といっても、無人島を含めると100余りある島をひっくるめて莞島郡で、その中のひとつが我らが南の島なのであります。

セム
ピンクで囲まれた部分のどこかに南の島があるよ

ちなみに位置はコチラ、ソウルから車で約5時間半かかります。島と行ってもわたくしセムが嫁入りする数年前に橋がかかったので、今は家まで陸路で行ける島です。(昔は船で渡ってたそうで、最終が行ってしまうと家にも帰れなかったのだそう)

キレイな空気を求めて短期移住

豆太郎と豆彦のためにミセモンジ(PM2.5とPM10)のないキレイな空気を求め、一家総出でセムダー実家に乗り込みました。ここは一軒家なので豆太郎が走り回ろうが、豆彦が泣きわめこうが問題なし! 

しかもセムは何もしない嫁として完璧なポジショニングをしているので(笑)ボケーッとしてても怒られないし、今回は弟嫁さんもいないので娘のごとく(いや、娘より全然使えねぇ)のんびり1ヶ月間過ごそうかと思っております。

一ヶ月も居座るなんてずいぶんと迷惑な話よねぇ

子どもたちのことはお義父さんとお義母さんが喜んでお世話もしてくださるし、ごはんも作ってもらえるので、使えないけどかわいい嫁しつつ、のんびりしたいと思います。

今後の予定

5月上旬までは南の島で、そしてセムと豆彦は5/8から広島に帰ります。その後15日に再び一家合流し、16日からまたいつもの暮らしに戻る予定です。

この島はネタの宝庫

そうそうみなさん、ここ、ネタの宝庫なんです。コンテンツクリエイターにとってはこのレアな環境は活かさないわけにはまいりません。地方旅行の専門家でもきっと莞島、しかも我が南の島に足を踏み入れた日本人はいないはず。

まとめ豆
ということで島バレしない程度に豆ブロで更新していきますので、皆様島話をお楽しみに!

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 ♡LOVE→ポッドキャスト/ヌメ革/枝豆 プロフィール詳細ページはこちら

-枝豆家と南の島
-

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.