枝豆家と南の島

大型商品が届かない南の島…マットレスを取りに本島へ行ってきた話

投稿日:

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

南の島への短期移住に際してなんとか解決したかったのが敷布団の薄さ。

キレイな空気にうまい飯、嫁業を頑張らなくてもいいこの南の島生活なのですが、唯一しんどかったのがふとんの薄さ。オンドルガンガンつけてうっすい布団でゴロンと転がって寝るのがこの家のやり方なのですが、これだけはどうも慣れない。

いつもは名節だけだったので家中の布団を集めまくってなんとかしてましたが、今回はちょっと長めの一ヶ月。さすがにこれはキツイと思い、Coopangでマットレスを買って南の島に送りつけるという荒業に出ることにしました。

驚き豆
いや、しかしアレな嫁ですなぁ。

えっ、大型商品は送れないの?!

これで背中痛いのともオサラバだわ〜とカード決済済ませて喜んでいたのもつかの間、一本の電話が入ってきました。

あのー、お宅の島まではこの商品送れないんで、キャンセルしてもらえますか?
驚き豆
えっ、うち普通に宅配来ますし、なんとか送れませんか?
いやー、宅配業者が送れないって言っちゃってるんで、こちらとしてもどうもできなくて…

いやいや、できないじゃなくて代案はないのかよーとブースカしつつ、諦めてキャンセル後、別の業者のものを購入しました。

程なくして一本の電話が…

あのー、(以下略)

どうやらこの島、大型商品は普通に送れない模様…通販できんやないけ…

なんとかならんもんかと思い、一旦電話を切ってセムダーと作戦会議です。

そして数分後、再度送ってもらえないかと再交渉。どうやら業者の担当者もちょっと調べてくれたらしく、本島(莞島島のことをここでは本島と呼ぶ)の宅配事務所までなら送れるとのこと。拠点の事務所留で送っておくから車で取りに行ってねーということらしい。

追加料金を払ってもだめかと食い下がってはみたものの、これ以上の対応は難しいとのこと。

マットレスなしでは一ヶ月乗り切れない! 幸い数ヶ月前に本島まで陸路でつながったので取りに行くことになりました。

雨の中、引き取りに本島までドライブ

この日はあいにく朝から大雨。しかしマットレス自体は先週の土曜日には到着してしまってるのであまり長いことおいておくわけにもいきません。

ドライブを兼ねて、豆太郎と3人で出かけることにしました。

先日開通した橋を渡り本島へ

先日開通したばかりのピッカピカーの橋を渡り、本島へと向かいます。

以前は船で渡ってたのですが、渡船料は高いわ時間は決まってるわでこれまでなかなか本島に行くこともなかったのですが、この橋のおかげで30分もあれば本島に行けるようになりました。

これまで大きめの病院や高速バスターミナルに行くには1時間かけて陸地に行ってたのですが、これからは本島に行けばよくなるので南の島のみなさんの生活もより便利になることでしょう。

マットレス、想像以上に大物でした

本島の宅配事務所に到着してみると…なかなかの大物が待ち構えていました。

クイーンサイズのマットレスを買ったのですが、なかなかたくましいいで立ちです。

トランクに入ると思いきや、入らずに結局は車内へ。豆太郎(チャイルドシート着用)も連れて行ってたのでこうならざるを得ませんでした。

このように助手席から後部座席(右側)までをマットレス様が占領している状態です。

帰りはこんな感じでした(苦笑)何やってんだ枝豆さんよ〜

まとめ

というわけで島に行く方は参考になるかどうかわかりませんが、大きいもの送るときは気をつけてね〜というお話でした。

まとめ豆
何はともあれ、我が南の島にマットレスがやってきました。今夜からはいい夢見られますように…♪

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 ♡LOVE→ポッドキャスト/ヌメ革/枝豆 プロフィール詳細ページはこちら

-枝豆家と南の島
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.