買ってよかった(レビュー記事)

海外在住の日本人が1週間(7日間)一時帰国の際に便利な日本国内用プリペイドSIMはどれ? JP SIMレビュー

投稿日:2018年5月8日 更新日:

こんにちは、枝豆セム(@ssem1622)です。

本日より広島にやってきました。今回はいろいろ役所やら免許の更新やらで忙しいのでヨン様ばりにお忍びで来ております(笑)

さて、海外在住の日本人が一時帰国する際に必要になるのがネット環境。Twitterもせにゃいけんしブログもネタにあふれてる。実家にWi-Fiはあるけど外でもやっぱりネットは必要。

今回もWi-FiにしようかデータローミングにしようかプリペイドSIMにしようかえっと悩みましたが、結局プリペイドSIMに落ち着きました。

一時帰国を前に日本国内用のプリペイドSIMをお探しの方、ぜひ参考にしてみてください。ちなみに前提条件は下記の通りです。

前提条件
  • 1人で使う
  • デバイスはスマホ1台のみ
  • 実家にはWi-Fiあり
  • 滞在期間は移動日含めて8日間(5/8〜15)

複数人で、あるいは複数デバイスを使うのならWi-Fiルータがあるといいかなと思いましたが、今回はPC持参なしなのでスマホ1台が外で使えればOK! というわけでプリペイドSIMにすることにしました。

今回使っているプリペイドSIMはコチラ!

こちらは日本へのインバウンド旅行者向け商品。以前は3ヶ月持つタイプを使ってたのですが、今回は滞在期間が短いのでいろいろ幅広く選べました。

いろいろ見比べてみましたがこのスペックだとどこも3,000円前後です。というわけでレビューがそこそこよくて、Amazonプライム対象商品であるこちらのJP SIMを選びました。

購入の決め手は配送条件(Amazonプライム)

もっと安くてレビューがいい商品もあったんです。でも、Amazonプライム商品じゃないということで購入はお流れに。

千円台という魅力的な価格ではありますが、いつ届くかはっきりしないというのがどうしても引っかかる。SIMはほしいタイミングで手元にないと意味がないのです。

今回は直前に予約したので、ちゃんと指定した日時に指定した場所に確実に届くことが重要でした

ダンボールがあまり早く届きすぎても実家に迷惑がかかるので、いつも到着前日の16〜18時に時間指定して送っています。

実家などの滞在先があればまだいいですが、出張などでコンビニ配送などを利用したいのであれば時間指定は必須ですよね。

なのでわたしの買い物はまずはAmazonプライム対象にチェックを入れることから始まります。極論、Amazonプライムじゃなかったら買いません。それくらいAmazonプライムは便利です。(もはや回し者の域ですね)

おっと話がそれました。指定の日時にちゃんと届く商品がいいからAmazonプライム対象商品を選んだんだよというとこまでお話ししてましたよね。

JP SIM 8日間用の基本スペック

  • 利用対象地域: 日本国内
  • 使用期間: 使用開始日の翌日を含め7日間、つまりは8日間使用可能
  • 通話およびSMS: なし(データ通信専用)
  • 接続キャリア: NTT DOCOMO
  • LTE接続: 可能
  • データ量: 無制限(ただし一定の基準を超えると使うと速度制限がかかる)

JP SIMの使用レビュー

さぁ、ここからがみなさんも気になってる本題の部分ですね。

ちなみに使用スマホはHuawei P10のグローバル版。デュアルSIMに対応しています。

セムがHuawei P10を香港から直接輸入して買った話を読んでみる

それではこのプリペイドSIMの機能をさらに見ていきましょう。

APN設定は比較的簡単

このプリペイドSIMはネットなしで接続可能です。

ただメジャーどころではないので、APN情報の手入力が必要です。説明書(日本語対応)に書いてあるとおりに入力すればすぐに開通します。Wi-Fiが必要ないのはありがたい。

枝豆怒り心頭
怒り豆
たまにAPN設定するのにネット回線いるみたいな訳のわからないSIMがあるので要注意です。Wi-Fiないからこれ使ってんだろという話ですよ。

通信品質: 広島で十分使える4G

ネットワークはドコモのものです。4GLTEが使えます。データ量無制限らしいのですが、まぁ外で動画見るわけじゃないのでここらへんはあまり気にしていません。速度もそんなにストレスにならず、割と快適です。

このようにデュアルSIMなので、韓国のKT Mmobile(左)と今回購入したJP SIM(右)の両方でアンテナビンビン立っております。

セム
昔バリ3なんて言葉がありましたね(古っ)

サイズの間違いがない(全サイズ対応ジェンダー付き)

SIMによってはサイズが分かれているものもあり、microだっけ、nanoだっけとなる方も多いのではないでしょうか。

でもこのプリペイドSIMなら問題な〜し! SIM自体はnanoサイズですが、付属のジェンダーがついてるのでどのサイズにも対応できます。

セム
サイズ違いで返品した、交換したというレビューが多い中、これは嬉しいサービスですね。

SIMピンもついてます。開封してすぐ入れられますね。

ちょっと注意: 開封期限が短めなのが気になった

受け取ってみると開封期限が6月末。買ったのが5月頭なので、ちょっと短めかなという印象。次回の一時帰国に備えての買い置きなど前もって買っておくのはおすすめしません。

今回のように買ってすぐ使うならまったく問題ないです。

まとめ: 外出先で地図見たりちょっとした検索するのに使いやすいプリペイドSIM

というわけでプリペイドJP SIMをご紹介してきたわけですが、こちらのSIM、外出先でのTwitterやちょっとした検索だったら十分にこちらで事が足ります。

まとめ豆
まとめ豆
3000円以内という手頃な価格で通信量を気にせず使える、そして初期設定も簡単というこのプリペイドSIM、もし一時帰国の際にどれがいいかなと悩んだら参考にしてみてください。

また、タイ語、中国語、英語、韓国語にも対応していますので日本を訪れるお友達にもぜひ。ドンキの割引券ついてました。

今回セムが使ってるプリペイドSIMはこちら
セム
予定がちょっと長引きそうな時に使える中長期滞在向けのプリペイドSIMに関する記事もよろしければどうぞ!
5日以上3ヶ月以内の一時帰国中に使うと便利なプリペイドSIMの使用レビュー(So-net Prepaid LTE)

5日以上3ヶ月以内の日本滞在におすすめ! So-netプリペイドSIMの使用レビューをお届けします。

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

-買ってよかった(レビュー記事)
-, , ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.