韓国生活のリアルな話

韓国出入国審査スタンプがいつの間にかなくなってた

投稿日:

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

このたび広島に帰るのに久々に韓国から出国しました。今回は豆彦氏(4ヶ月)を連れているためしばらくぶりに自動化ゲートを使わずに職員さんのいる出国ゲートに並びました。

あれ? いつもとなんか感じ違う? ドンというあの音がしない?

おかしいなーと思いつつパスポートを見てみるも、やっぱりないっ!

そう、ハンコがないっ!

今まで自動化ゲートを通っていたので気づかなかったのですが、やっぱりないっ! (これまで子どもたちの出入国審査はパパ(セムダー)が担当してました)

振り返って入管職員さんに聞いてみるも…

なくなりました

うそやぁぁんっとかなりショックを受けたのでその衝撃を豆ブロに残しておきたいと思います。

2016年になくなってたハンコ

うそだうそだと思いつつNaver先生に聞いてみたところ、すでに昔も昔、2016年11月から出入国のスタンプを廃止してたのだとか。これまで自動化ゲートを利用していたのでまったく気づきませんでした。そういえば以前豆太郎のパスポートにもあるはずのハンコがなくておかしいなーとは思っていたのです。

スタンプ廃止により出国手続きが簡素化し、韓国人は18秒から15秒へ、外国人は23秒から20秒に短縮されるらしいのですが…

驚き豆
それ、あんまかわんなくね?

なんて心の声がダダ漏れになってしまいました。ってかあのハンコに3秒もかかっているとは思えないのですが…

希望者には押してくれるらしいよ

でも、パスポートのハンコっていついつにどこどこ行ってきたという記録なわけで、これを見せながらドヤ顔したいという人も結構多いのではないでしょうか。調べてみるとこのハンコ、お願いすれば押してもらえるのだとか。

旅の記録を、と思う方は職員さんにお願いしてみましょう。ドンッ!

韓国入国の時にはチケット(入国確認)もらった

パスポートと入国レシート

韓国人向けの入国スタンプはずいぶん前からなくなっていたのは知っていたのですが、なんと今回は新しいものをゲット。

入国審査も職員さんのいる列に並んだのですが、こちらではじめてレシートみたいなものをもらいました。いつもは自動化ゲートを使っているためこやつの存在にまったく気づいていなかったのです。

ペロッと出てきた紙には名前とパスポート番号、入国日が書いてあります。おそらくビザなし入国だったら出国期限みたいなのも書いてあるのでしょうね。どうやら外国人にのみこのレシート(入国確認)を配っているようです。韓国のパスポートで入国した豆彦にはこちらは発行されませんでした。

QRコードがあったのでこちらもスキャンしてみたのですが、別に個人情報があるわけでなくこの紙についての説明文が各国語(日本語・中国語・英語・韓国語)であるペライチサイトにつながります。

ちなみにこちら、なくしてしまっても問題なく出国できるそうです。

余談: 海外在住者は日本出入国のスタンプを必ず押してもらおう

ハンコ関連で余談になりますが、海外在住者の場合は日本出入国の際にスタンプを必ず押してもらいましょう。関空や成田などの大きな空港では韓国と同じように自動化ゲートがありますが、あれを利用するとあとからいろいろめんどくさいことになります。

というのも一時帰国時に行う行政手続きではその時海外にいたことを証明するためにパスポートのスタンプの日付を確認します。自動化ゲートを通ると日付の確認がその場でできないので他に問い合わせたりなどの余計な手間が発生するのです。

頻繁に日本に帰るという方でも、生活のベースが海外にある場合は職員さんの列に並んでスタンプをもらいましょう。日本人の列だったら手続きもすぐ済みますしね。

セム
ま、広島空港には自動化ゲートなんてないけどねー

というわけで今回はパスポートの出入国スタンプにまつわるお話でした。

まとめ豆
手続きの際は日本出国時のスタンプと入国時のスタンプがちゃんとわかるようにしておきましょう。免許の更新手続き健康保険の出産育児一時金など、いろんなところで提出を求められました。

 

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 ♡LOVE→ポッドキャスト/ヌメ革/枝豆 プロフィール詳細ページはこちら

-韓国生活のリアルな話
-

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.