枝豆キャラクターイラスト

Androidスマホ用無料お絵かきアプリ、メディバンとアイビスペイントどっちがおすすめ?

投稿日:2018年7月4日 更新日:

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

人気記事のiPadお絵かきアプリの比較(Procreate、Adobe Illustrator Draw 、Graphic、メディバン)に引き続き、ようやく出せましたAndroidスマホ版のお絵かきアプリ記事。カレンダー用などの大きめの絵は今でもiPadで描くのですが、最近はちょっとしたアイコンやブログ用イラストの場合はAndroidスマホでサクッと描いちゃうことが多くなりました。

さて、前回の記事でお絵かき(ペイント)アプリとの相性を見極める際のチェックポイントについて話をしたのですが、それでも世の中には星の数ほどアプリがある。いったいどれがいいんだよ!となってしまったあなたのために、2つに絞っておきました。

medibangとibis

この記事で比べるのはメディバンとアイビスペイント。どちらも無料アプリでユーザー数も多く、公式以外の学習コンテンツもたくさんあります。ですので自分の手やスマホと相性がいいものを選んでおけば絵を描く上ではまったく問題ありません。正直、メディバンとアイビスの2アプリで比べた場合、どちらで描いてもほぼ同じ絵が描けます。それだけどちらも描画に関する機能については充実しています。お絵かきアプリどれがいい?って聞かれたらこの2つ(メディバンとアイビス)を挙げて、その中から好きな方選んだら?といいます。

どちらにもある描画に便利な機能

  • 手ブレ補正
  • 定規機能(きれいな円や直線が描ける)
  • 充実したレイヤー機能(何枚でもいける!)
  • 透明度保護、マスク、クリッピングなどのレイヤー応用機能
  • カメラやギャラリーからの下絵のインポート(取り込み・線画抽出)

忙しい方のために結論から先に言っちゃいますと、最初から最後までメディバンゴリ押しです。結論ありきの記事なんで、中立な意見がほしい方はググり直しをお願いします。むしろ、メディバンとりあえずインスコしたけどホントにこれでいいんだろうか…とお悩みの方におすすめしたいくらいです。自分の選択は間違ってなかったと胸が張れます。

アイビスについては「メディバンと比べて」という感じでやたら偏愛指向が入っておりますのであしからず…きっとこの記事を読んだらメディバンペイントをインストールしちゃってるはずですよ。まだ回し者ではありませんが、回し者になれと言われたら喜んでなる覚悟があります。マーケティング担当とかのオファーいただけましたら嬉しげに呼ばれていきます、がんばります! …おっと余談が長くなりました。ちなみに使用機種はHuawei P10です。

メディバンペイント

さて、ここからが本番です。メディバン愛を機能面から語っていきますよ~

メディバンペイント - 豊富なブラシ・トーンが無料で使える

メディバンペイント - 豊富なブラシ・トーンが無料で使える
開発元:MediBang inc.
無料
posted withアプリーチ

メディバンのここが素晴らしい

お絵描きに集中できて、スマホの容量を圧迫しない。うれしいアプリです。

便利なクラウド同期

メディバンはスマホとPC間のクラウド同期機能が便利です。アナログで下絵を描いて、スマホで撮って、PCでペン入れというスタイルの方はメディバンを使うとシームレスに作業ができます。また、クラウド保存をすればスマホ本体の容量を圧迫しないのも嬉しいですね。かれこれ数年使っていますが、容量の限界はどこなのか…残り容量に関する内容がないので、とりあえず全ファイル放り込んでます。
参考クラウド機能を使おう│メディバンペイント(公式)

レイヤーをまとめるフォルダー機能

ちなみにこれ、先日新しく追加されたプロジェクトを管理用のフォルダ機能とは別なので注意してくださいね。

メディバンにはフォルダ(メディバンUIではフォルダーと表記)機能があり、複数のレイヤーを1つのフォルダにまとめることができます。そしてフォルダ単位で表示/非表示を切り替えたり、移動させたり、不透明度の調整をすることができます。

複数レイヤーを結合させなくてもまとめて一気に操作できるので1枚のイラスト上に複数のキャラクターが出てくるような場合に便利です。豆カレ作成の時に重宝しました。フォルダでまとめる基準は人それぞれですが、わたしはキャラごとでまとめています。

フォルダだけで小一時間語れそうなので、これに関しては近いうちに別記事に独立させようかなぁとも思ってます。Udemyデジタルイラスト講座でも解説予定です。

広告が描画作業を邪魔しない

無料アプリなのでやはり広告はあるのですが、描画キャンバス画面にバナー広告は入りません。間違えてバナー押しちゃって保存もしてなくてデータ吹っ飛んだ!(ガーン!)みたいなトラブルも少なく、一番メインの機能を邪魔しないのは嬉しいですね。これなら許容範囲です。また、ペンやスクリーントーンのダウンロード等においても動画広告などの視聴は要求されません。

ここが残念! メディバンもうちょっと頑張れ!

Android版はパレット機能が弱いのがちょっと玉にキズです。ユーザー代表として僭越ながら、こうなってほしいなあと思う機能を愛を込めつつ挙げていきます。メディバンの中のみなさん、ぜひとも実装お願いします!(公式にも意見送っておきます)

パレット設定のインポート・エクスポート機能がほしい

せっかくPC-スマホ間の同期がスムーズなのだから、ペンやパレット設定も同期、あるいはインポート・エクスポートできればいいのになあと思うのですがなかなか実装されません。現状、デバイスごとにそれぞれ設定して保存という流れを踏む必要があります。わたくしセムのように複数デバイスを渡り歩いているユーザーは移動先でも同じペンや色設定を使いたいはずです

ペン幅の調整がキーボードでもできると助かる(数値入力)

現在のAndroid版ではペン幅の調整がキーボードではできません。最初のうちはこれくらい…と手動で調整していくものですが、慣れてくるとピクセル数でだいたいの太さがわかるようになるため、この機能はぜひほしいです。上下または左右に動かして調整する時、あと1px下げたいのに下がらない…みたいになってキーっとなります。数字を押してキーボードで調整できればいいのになぁ…PC版やタブレット版(iPad)ではできるので、Androidでもできるはずです。がんばれっ!

ibis Piant X(アイビスペイント)

さて、この記事での対抗馬となるアイビスペイント。絵師のみなさんがたくさん使っているスマホアプリの代表格です。

アイビスペイントX

アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ

(メディバンと比べて)いいところ

メディバンペイントと比較してこれはいい!と思ったポイントを挙げていきます。

レイヤーの移動が(メディバンペイントに比べて)直感的

デジタルイラスト描いてるとレイヤーの移動を頻繁に行う必要があります。メディバンだと矢印ボタンを毎回押して移動、または矢印モードに切り替えてから移動なのですが、アイビスの場合はサムネイルを長押しして動かすだけなので簡単です。ただ、これに気づくまでには結構時間がかかります…わたしもググってはじめてわかりました。でもこれ、慣れると便利です。

横画面での描画にも対応

はて、スマホなのに横画面っている?って思われるかもしれません。でも、いるんですよ。わたしみたいにUdemy講座作ったりメイキング動画作ったりしてる人間からすると、横向きでの描画にも対応してほしいんです。やっぱり動画の場合は横向きが好まれますので。メディバンはなぜかここ、変わらないんですよね…iPad版は横向き画面に対応してるのに。

(メディバンと比べて)残念なところ

メディバン愛を語るコーナーともなってしまいますが、ここが改善されたらひょっとしたら乗り換えちゃうかも…みたいなポイントを挙げていきます。

ブラシの種類を追加するには動画を見るか有料アドオン買うしかない

ブラシの種類は豊富にあるのですが、有料ブラシを使うにはアドオンを買うか(600円)、動画広告を見るしかありません。最初のうちは動画広告も見るのですが、だんだんそれもストレスに感じてきて…でも手が慣れてるのはこれだから、とアドオンを買うしかなくなります。

アイビスの特筆すべき機能

そんなアイビス、メディバンにはないおもしろい機能もあるんですよ。決してディスる気はないんです。同じペイントアプリですからね。

トラッキング動画(タイムラプス) : メイキング動画(MP4)が簡単に作れる

絵を描いていく過程を簡単に動画にして出力することができます。この動画、見ているだけで楽しいです。ただし、ミスって消したりするところももれなく録画されてしまうので要注意。こんな動画を作るぞ~とあらかじめ決めて下書きとかしてから描いたほうがいいかも。殴り書きの段階から録画されちゃうとあまりコンテンツの意味がないのでは、とも思ってみます。ただ、描きながら録画しなくていいのはコンテンツ制作の手間を考えるとすごくラク。絵も大事だけど、描きあがるまでのプロセスも大事にしたいという方にはこの機能はアツいです。

謎機能: 人工知能による自動色塗り

フィルタの中に人工知能>自動色塗りというものがあったのですが…こちらのサイトを参考にさせてもらいながらやってみたのですが、なんだかよくわからない仕上がりに…
参考【アイビスペイント】ibis Paintの新機能、人工知能で自動色塗りがすごい!│アプトピ

まとめ

まとめ豆
メディバンユーザーのみなさんは自分のアプリ選択眼に確信が持てたのではないでしょうか。まだの方はGoogle Playでインストールボタンを押す直前の状態になってるはずです。というわけで長文になりましたがメディバンゴリ押しの比較記事をお届けしました。いやいや、何ももらってませんからwwwそれだけメディバン愛してるってことです。

3時間でマスター! スマホだけでデジ絵を描くスキルをを動画で学ぼう

メディバンペイントをGoogle Playでインストールする

アイビスペイントをGoogle Playでインストールする

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 ♡LOVE→ポッドキャスト/ヌメ革/枝豆 プロフィール詳細ページはこちら

-枝豆キャラクターイラスト
-, ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.