枝豆キャラクターイラスト

絵心の意味を勘違いしてたみたい。本来の絵心の意味とは?

投稿日:2018年8月6日 更新日:

絵心とは

こんにちは、セム(@ssem1622)です。
今日、重大な事実に気づきました。
実はわたくしセム、絵を扱う者として恥ずかしながら絵心の意味を勘違いしてたんです。

ええっ、なんだって?
気になったら読み進めてみてくださいね。

育児の合間に読書しててこんな一節に出会い、思わず膝を打ちました。

私たちはしばしば「絵心」と「画力」を混同してしまいがちです。しかし、「絵心」とは、絵を描く技術の「画力」と違い、誰もが持っているものなのです。

引用元: ラクガキノート術 | タムラカイ 著

驚き豆
はいっ、すんません。混同してました!

だからイラスト講座の案内文にも「イラストに絵心なんていらない」なんてでかでかと書いてました。でも、本当は違ったんです。というわけでこの記事では【絵心】の意味を掘り下げていきます。

絵心についてちゃんと調べてみた

じゃあ絵心ってなんなんだ?
ということでググってみました。

① 絵を描く心得、また、趣味。あるいは、絵の趣を理解する能力。 「 -がある」
絵をかきたい気持ち。 「 -が動く」

引用元: Weblio辞書(三省堂 大辞林)

そう、多くの人は1番の意味、特に絵を描く心得というで絵心を理解しています。じゃ絵を描く心得の【心得(こころえ)】って一体何なのかと。

1. 理解していること。また、理解してとりはからうこと。「心得のある処置」
2. 常に心がけていなければならないこと。心構え。「日ごろの心得がよくない」
3. 技芸を身につけていること。たしなみ。「茶の湯の心得がある」
4. ある事をするにあたって注意し、守るべき事柄。「接客の心得」「冬山登山の心得」

引用元: コトバンク デジタル大辞泉

これらの情報を総合すると絵心ってのは世間一般ではどうも絵を描くという技芸、つまり能力を持っているという意味で使われているようです。かくいうわたしもそう思ってました。だからこそ、絵心ないって悩んでる人の背中をポンと押したいという思いを込めて「イラストに絵心なんていらんっ! なくても絵は描ける!」などと言ってたわけです。

でも違いました。
2番の「絵を描きたい気持ち」はイラストを習い始める、そして楽しむには必要です。というかすでにあなたも持ってるはず。だからここにたどり着いているんですもんね。1(絵を描く技術)はないけど2(絵を描きたい気持ち)はある、いわゆる絵に苦手意識を持っている人、まさにそういう人が私のイラスト講座を受講してくれているのですから。

というわけでこれに気づいたその日にブログやudemyの講座案内からイラストに絵心はいらないという表現を削除しました。いりますよ、というか、あなたも持ってますよ、絵心。

画力は鍛えられる

さぁ、ここまでで絵心については十分に理解できたのではないでしょうか。そしてあなたも持ってると確認できたはず。それでは冒頭の話に戻って、絵心と混同されがちな【画力】のほうに今度はフォーカスを当てていきましょう。

ここで私の主張を。
ズバリ、画力は訓練で鍛えられます

そもそも画力って何なのか

が‐りょく〔グワ‐〕【画力】
絵で表現する力。「画力の高い漫画家」

引用元: コトバンク デジタル大辞泉

画力とはいわゆる人から上手いと言われる絵が描ける技術あるいは能力のことですね。前述の絵心の2つの意味のうち、1番に近いです。

画力を鍛える方法

それではもう一歩掘り下げて、人から上手いと言われる絵(またはイラスト)とはどういうものなのでしょうか。それは「言いたいことが相手に伝わる」ということ。

さらにもう一歩。じゃあどうやったら伝わる絵が描けるのでしょうか。それは「絵と見る人の頭の中のイメージが一致する」ということ。これではじめて伝わったと言えます。

ここからは具体的な方法論です。伝わるイラストを描くにはマインドセットとスキルの両面から鍛えていく必要があります。どのように鍛えるのか、Udemy講座でもお話ししている内容をチラッとお見せします。

ポイントその1 相手の頭の中を想像する

画力の高い、伝わるイラストにするには相手の頭の中を想像してイラストを描くという考え方が重要です。

ポイントは自分ではなく相手にフォーカスを向けること。思いついた時にいきなりペンやアプリで描きはじめるのではありません。描く前にまず、相手にとっての○○とはどんな形で、どんな特徴を持っているのかを調べるのが先になります。話だけ聞くと簡単なようですが、意外と皆さん気づいていません。これを知ってるかどうかで伝わり具合が劇的に変わってきます。

ポイントその2 絵だけで伝えようとしない

もうひとつのポイントは、絵だけで伝えようとしないことです。絵が苦手な人ほど絵だけで伝えようとして結局何も伝わらない→絵が苦手になるという負のループにはまります。伝わるイラストを構成するのは絵だけではないんですよ、実は。ここに多くの人が驚きます。

考え方を知り、伝えるための具体的な方法を学んだら、あとは見本を真似してひたすら何回も描きましょう。何度も真似して描いていくうちに、やがて自分のものになっていきます。

まとめ

というわけで書き出したら記事を分割しようかと迷うくらいの超大作になってしまったわけですが、要約するとこのようになります。

まとめ豆

1. 絵心とは絵を描く技術やスキルだけを表すのではなく、絵を描きたいという気持ちも含まれている。
2. 絵を描きたいけど画力がないと悩む(いわゆる絵が苦手な人)は世の中に結構いる
3. 画力は訓練によって伸ばせる

というわけで今回は「絵心」という言葉の意味を深く掘り下げていきました。絵心を満たすイラスト、一緒に始めてみませんか。Udemyでお待ちしています。

絵が苦手な人のためのイラスト講座を受講する

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 プロフィール詳細ページはこちら

-枝豆キャラクターイラスト
-

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.