動画で学ぼう、教えよう(Udemy) 枝豆キャラクターイラスト

【メディバン初心者必見】描く前に知っておきたい、イラストの使用目的に合わせた適切なキャンバスサイズと解像度

投稿日:2018年8月5日 更新日:

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

今日はUdemy受講生の方に質問をいただいたので、それにお答えしていきたいと思います。

答えの中でデジタルイラストの初心者が悩みがちなキャンバス設定について、わたくしセムの使用例をご紹介します。目的別に適切なサイズと解像度、描くときのポイントについてまとめていますので、描き始める前にぜひチェックしてみてくださいね。

一番最初のキャンバス設定なのですが、どのように設定したらいいのかよくわかりません。おすすめの設定を教えてもらえますか。px(ピクセル)ってのもどうもよくわからず、いつも適当にやってます。
udemyで教える豆
ピクセルという単位の感覚についてはできあがったイラストデータを扱ううちに慣れてきます。わたくしセムが使っている基本設定はこちらです。ちなみに全て、印刷せずにモニター上で扱うデータのため解像度は72dpiにしています。

キャンバスサイズの設定ですが、直接数値を入力する方法と、あらかじめアプリに登録されているプリセットを利用する方法があります。この記事では目的別におすすめのサイズと方法、そして描く時のポイント(赤字表記)をご紹介していきます。

メデイバンのキャンバス設定

上から順に幅、高さ、解像度を設定します。

直接数値を入力する(紫の枠)

上のスクショでいう紫の部分。イラストの高さと幅ですね。ここに直接数値を入れてキャンバスサイズを設定します。

ブログのアイキャッチ

無難なのは600x400pxです。
一番見せたい部分を真ん中に配置するのがポイント。ブログテーマの幅によっても見え方が異なってくるので適宜調整が必要です。

余談ですが、ブログ記事共有サービスnoteのヘッダーの場合、1280x528pxで描くと上下左右が途切れずに表示されます。ちょっと中途半端なサイズではありますが、アイキャッチにもなるこの画像はクリック率を左右しますのでこだわっておいて損はありません。

参考 : noteでアイキャッチ画像をぴったり収める方法。|Hiroaki Kato @hiro_studish|note(ノート)

PowerPointやKeynoteに入れる挿絵イラスト

600x600px、または800x800pxが扱いやすいです。余った部分はトリミングしておきましょう。
背景は透明にし、PNGで出力すると扱いやすいデータになります。

プリセットを使用する(ピンクの枠)

よく使うサイズについてはアプリ内ですでにプリセットが用意されていますのでそれを活用しましょう。メディバンの「用紙サイズからセット」から選択します。

LINEスタンプ

個人的には4倍サイズで描いておくことをおすすめします。そうすると線がきれいに仕上がりますし、後々描いたイラストを他の分野(ブログやプレゼンなど)に使い回せます。

LINEにアップロードする際には1/4に縮小するのをお忘れなく。また、背景透過PNGで作成します。

Twitterアイコン、ヘッダー

どちらもプリセットから選べば適切なサイズが選択されます。アイコンの場合は丸形にトリミングされることを見越して描きましょう。ヘッダーの場合もアイコンで隠れる部分をあらかじめ計算に入れてデザインを行います。

Twitterの仕様で強制的にJPGに圧縮されてしまうので、最初からJPGで出力しておくのがポイント。

解像度72dpi固定の理由(青の枠)

解像度は上記スクショ画像の青枠にあるdpiのところで設定します。

印刷物でなければ通常72dpiで十分です。それ以上解像度を上げたところで人間の目には判別できません(ハイレゾ眼の人そんなにいません)。

にもかかわらず、解像度を大きく設定しておくと画像の密度が上がるぶんファイルサイズが大きくなります。結果、表示に時間がかかるのでWebやプレゼンソフトで扱うにはいいことがひとつもありません。また、印刷用といってもプレゼンのノート印刷資料くらいであれば72dpiでも十分です。

まとめ

というわけで今回はデジ絵初心者がつまづきやすいキャンバス設定についてのお話をお届けしました。

まとめ豆
描く時のポイントについては何度も描いていく中で得た知見ですので、効率よく描くためにもぜひともおさえておきましょう。

それではキャンバスサイズもわかって気も軽くなったとこですし、さっそくイラストを楽しんでいきましょうね。

Happy Drawing!

3時間でマスター! スマホだけでデジ絵を描くスキルをを動画で学ぼう

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

枝豆セム

韓国ソウルの某ソフトウェア会社で日本マーケティング統括担当として働く傍ら、Udemyでプレミアム講師もやってます。ポッドキャストとヌメ革をこよなく愛する枝豆です。

-動画で学ぼう、教えよう(Udemy), 枝豆キャラクターイラスト
-, , ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.