韓国生活のリアルな話

韓国の永住権が更新制に?! 永住証(영주증)なるものができたらしい

投稿日:

韓国の永住証、なんだそりゃ

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

ふとポストを眺めたら、珍しく私宛の郵便。見てみると、外国人登録関係っぽい。開けてみると、なんと「永住証の再発行のご案内」というお知らせ。

驚き豆
なんじゃこりゃー

読んでみると、どうやら10年更新制になるらしい。

というわけでこの記事では、永住権に関する新しい制度、「永住証の発行」についてお伝えします。大きな変化となるので、永住権をすでにお持ちの方はもちろん、これから申請する方も要チェックです!

注意事項

本記事は2018年10月の情報を基準に作成しています。外国人関連の制度や法律は頻繁に変更が行われるので、手続きの際はHiKorea等で最新情報を確認の上行ってください。

セム
今日の白は明日の黒、なんてことがこの国ではしょっちゅうあります。

届いた書類「永住証再発行のご案内」

書類にはこう書いてありました。

出入国管理法第33条および同法第33条の2により、18.9.21より永住資格(F-5)を保有する外国人に外国人登録証の代わりに有効期間10年の永住証を発給するため、永住資格(F-5)を保有している外国人は下記の申請期間以内に永住証の再発行を受けてください。

対象

2018年9月21日以前に永住資格(F-5)を保有する外国人登録証の所持者

申請期間

永住資格を取得した日から10年が経過した人: 2018年9月21日から2年以内
永住資格を取得した日から10年が経過していない人: 10年が経過した日から2年以内

発行の際に必要なもの

  • 外国人登録証
  • 申請書
  • パスポート
  • 写真(3.5x4.5cm)
  • 手数料30,000ウォン
  • 滞留地が変更した場合、滞留地を立証する書類(不動産契約書(전월세계약서)/宿所提供確認書(숙소제공확인서)など)

留意事項

  • 既存の永住資格外国人登録証は申請期間内に再発行を受けるまで有効
  • 永住証の再発行の際はオンライン訪問予約の必要はなく、管轄の出入国・外国人官署を訪問して別途窓口にて申請可能
  • 期間内に永住証の再発行を受けない場合、出入国管理法第100条により200万ウォン以下の罰金を処す
  • 自主申告期間(2018年9月21日~12月31日)の間に外国人登録情報変更事項および滞留地変更事項を申告した永住資格外国人に限り、罰則金等を免除する予定

とりあえずわたくしセムは永住権を保有してからまだ10年経っていないので、今すぐの手続きは不要のようです。取得したのが2011年なので、2021年に手続きすることになります。

事実上、永住権は更新制に変わった

これまでの永住権は発行してしまえばずっと有効でした。外国人登録証(永住権者は緑色のカード)の滞留満了期間の欄は[身分存続期間]とだけ書かれており、特に有効期限は存在していなかったのです。つまり、一度発行されてしまえばずっと有効で、特に更新等の手続きは必要ありませんでした。

しかしこの度新しくできた「永住証」とやらは、運転免許と同様、有効期間10年の更新制となりました。そのため更新の際は出入国管理所に行かなければなりません。そして手数料も発生します。

枝豆怒り心頭
もうあそこには行かなくて済むと思ったのに!

書類では永住権者に対し有効期間10年の永住証を発行する、とありますがこれは事実上、永住権が更新制になるということです。車の免許と同じで、通常は問題なく更新されるけど、何か問題があった場合には取り消すこともあるからね、という韓国政府からのメッセージです。

セム
といっても善良な市民であればまず問題はないはずなので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

海外に出ている永住権保有者にこのお知らせは届いているのか

ここでちょっと気になるのが、海外に出ている永住権者のこと。ちなみにこのお知らせはメールではなく郵便で来たのですが、結婚等で永住権を取得したけど、その後配偶者の本国や第3国に出国していて韓国国内に住所がない場合、果たしてこの制度変更を知る術はあるのでしょうか…?

更新手続きが必要な人の多くは海外にいるような気がしますが…。

変更期間は2年なので、そのうちどこかで戻ればいいとは思うのですが、最初は時間がかかるであろう発行から受け取りまでの期間や、韓国内での住所を用意しなければならないなど、いろいろ考えることが多くなりそうです。このあたりの情報をお持ちの方ははぜひシェアしてもらえると嬉しいです。

まとめ

おそらく永住権者の個人情報を定期的に管理しようという目的なのだと思いますが、めんどくさい制度変更となりました。まぁそれだけ管理する外国人永住権者が増えたということなのでしょう。

しかし、コロコロ制度が変わる韓国、いざ更新期間になったときにこの制度が残っているかどうかは疑問です。韓国国内でもまだこの件についての情報が少なく、NAVERでもビザ関連の行政書士のブログばかり出てきます。

ちなみにこの記事を書くにあたり、念の為NAVERで永住証(영주증)を画像検索してみたのですが、出てくるのはレシート(영수증)の写真ばかりでした(笑) まぁそれでも永住権がなくなってしまっては困るので、これからもキャッチアップしていきます。

永住証、ゲットしたぜ!というどなたかの記事を楽しみにしておきつつ、今回の記事を締めたいと思います。

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 プロフィール詳細ページはこちら

-韓国生活のリアルな話
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.