枝豆キャラクターイラスト

Androidスマホ版メディバンペイント(Ver.15)がメジャーアップデート! 使える目玉機能ベスト3

投稿日:

こんにちは、セム(@ssem1622)です。

久々にメディバンをアップデートしたところ、いろいろな新機能がたくさん追加されていました。その中でもデジ絵のキモであるレイヤー機能がより便利になりました。

この記事では今回のAndroid版メジャーアップデート(Ver.15 2018年10月)で投入された目玉機能ベスト3をお届けします。今回はレイヤー周りの機能がパワーアップ! より使いやすくなりました。

複数レイヤーをあとからフォルダーにまとめられる!

この改善が個人的には一番うれしいです。わたしは線画を描く時に複数レイヤーを使うので、この機能は重宝します。

以前は「あとからフォルダー」が面倒だった

これまでのバージョンでは複数フォルダを描いた後にフォルダーにまとめるのが一番面倒な作業でした。というのも以前はレイヤーを複数選択できなかったので、一個一個チマチマ矢印ボタンを使って動かしていたのです。これが結構手間でした。

しかも、フォルダーに入れるというのがなかなかうまく行かずキイィィィッとなっていたのはわたしだけではなかったはず。そのため、最初にフォルダを作ってそこに新規レイヤーを入れてというのを繰り返していました。

しかし、最初からそれができればいいのですが、フォルダを作り忘れてレイヤーが増えてしまうことも日常茶飯事。そういった悩みを解決してくれたのが今回のアップデートです。

この機能を使うには動画広告を見る必要がある

この機能を使うには広告を見る必要があります。レイヤータブに現れた青色のアイコンをタップすると機能の説明と、動画広告を見るように促されます。動画広告を見ると、13時間この機能が使えるようになります。(ちょっと短い…せめて1日とかにしてくれるとうれしい)

新機能により、「あとからフォルダー」が簡単にできる

この機能が使えるようになると、箇条書きみたいなアイコンが現れます。(勝手にアウトライナーアイコンと呼んでます)

それをタップすると、チェックを入れたレイヤー(複数選択)をまとめてフォルダに入れることができるというもの。既存フォルダーに入れるか新規フォルダーを作るかも選べます。

この機能はアイコンのデザインがよくできていて、見ただけで何が起こるのかすぐ分かるので、ぜひお試しあれ。

レイヤーの移動が指で簡単にできるようになった

以前は上下矢印ボタンで移動だったのですが、Ver.15からはレイヤー長押し+上下移動で直感的に動かせるようになりました。(もちろん、矢印ボタンも残ってます)

アイビスでいいなーと思っていた機能だったのでありがたい限りです。

スマホ横向き画面対応

以前は縦画面固定で、画面を横向きにしてもUIが移動しなかったのですが、今回(Ver.15)から横向きの描画にも対応しました。

描くときはほとんどのユーザーが縦向きで使っているとは思うのですが、縦画面固定はわたしのように画面録画する人にとってはちょっと困った機能だったのです。

というのも、画面録画した時に縦向きでしか撮影できないため、完成した動画の左右に黒い画面ができてしまうのです。

今回の横画面対応により、動画の画面いっぱいに描画の様子を入れることができます。また、アイキャッチなどの横長のイラスト描くときに全体が見渡しやすくなりますね。

豆得のアップデート、キターッ

今回はいろいろ大きく動いており、かなりアツいアップデートとなりました。

セム
誰得って? 豆得ですよ(笑)

アイビスにあってメディバンになかった便利ポイントが投入されたのも嬉しいです。

久々にアイビスを開いてみると、逆にメディバンペイントにあった機能がアイビスにも入ってたり。両アプリを見てると、お互いにかなり意識してんなーっていうのをビリビリ感じます。

まとめ豆
やっぱりわたしはメディバンが好きー♡
というわけで、これからもアップデートを追い続けていきます!

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆(育休中)。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。 プロフィール詳細ページはこちら

-枝豆キャラクターイラスト
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2018 All Rights Reserved.