韓国の会社で働く枝豆

実はしれっとnoteはじめてました。WordPressブロガーがnoteにも記事を投稿する理由とは?

投稿日:

noteはじめました
こんにちは、セム(@ssem1622)です。

本日、わたくしセム、誕生日でございます! この日はなにか残しておきたいという思いからネタ選びをしていたのですが、いろいろ考えた末、実はしれっと始めていたnoteの話題でいこうと思います。

これまでもTwitterやFBページで更新の際はご連絡をしていたのですが、大々的に発表するのは実はこれがはじめてです。noteの方にもようやくコンテンツがそろい始めてきたので、そろそろちゃんとお知らせしますね。

でもちょっと待った! noteってブログだよね? 枝豆さん、あんたWPブログやってんじゃん!(ってかここね)
んだんだ
なのになんでまだnote? いちいち分散するなんて、読者のみなさん迷わせる気?!
いやいやいやいや、ちゃんとnoteに書く記事とここに書く記事分けてるつもりだし、いろいろ思うとこあってのデビューなんで、ちょっと話聞いてやってくださいよ~

というわけで、ちゃんと訳あってnoteにも進出しました。今日はそんな枝豆氏のよもやま話、聞いてやってください。WPブログを運営中で、noteは気になってるけどうーん、うーん…とお悩みの方に刺さる記事となっております。

noteをはじめた理由

WPブログをすでに運営中のわたくしセムがnoteをはじめた理由は大きく2つ。1つはコンテンツ収益化の可能性、そしてもうひとつはnoteのライトなコミュニケーションに魅力を感じたからです。

コンテンツ収益化の可能性

おそらくこの記事を読んでいる方であればこの時点でnoteに結構興味津々でしょうから、noteにはクリエイターがコンテンツを通じて収益化するための仕組みが用意されていることはすでにご存知であろうと思います。ちょっと詳しく説明すると、記事単位・マガジン単位での有料化が簡単に設定でき、さらにクリエイターを応援したい人が自由にお金を送れる投げ銭(サポート)機能があります。

WPブログだと記事単体で決済を設定したりするというのが今のわたしの実力ではまず無理ですし、かといって外部サービスを入れるほどのコンテンツ数がまだ存在しない状況では運営コストのほうがゆうに上回ってしまう状況です。

WPでコンテンツに決済機能を実装するのはプラグインと多くの手間が必要ですが、noteならすでに実装済みです。それなら多少の手数料は払っても、すでにあるプラットフォームを使おうという結論になりました。

さらに、WPブログは独自ドメインという自分の看板を背負って運営します。こうなるとどうしても尖った記事を無料で公開っていうのは自分のドメインの評価に関わるので書きにくくなるものですが、有料オプションがあればそういったチャレンジの道も開けます。もちろん、対価をいただくわけですからそれなりに市場価値があるものを生み出さなければならないという責任も同時に生まれますが、コンテンツの幅を広げる一助になれることが期待できます。

最近は有名ブロガーもnoteプラットフォームに乗り換えているようで、ますますコンテンツ・イズ・キングの世の中に近づいていますね。

noteのライトなコミュニケーションに魅力を感じた

さらに、noteのライトなコミュニケーションに魅力を感じたというのも大きな理由です。

noteは記事投稿がスマホだけで完結できる仕組みで、いろいろSEOとかメタ情報とか考えなくて、ただ打ち込めばOK。noteのエディタの機能はいい意味でかなり絞られており、文字の装飾も太字・センタリング・リンク挿入・引用・たったこれだけです。見出しもH3のみで、本当に最低限のことしかできません。

しかし、このおかげで文字を書くことに集中できます。なので、エッセイ的な記事の場合はこちらのほうが書きやすいです。装飾で他記事と差別化できない分、内容勝負の世界です。

WPはプラグインやテーマによって機能を思い通りに拡張できるのがおもしろい部分ではあるのですが、手を広げすぎて投稿へのハードルが高くなっていたのも事実。もっとサクッとライトに投稿できる仕組みがほしいな、と思っていたところだったんです。

…とここまでは投稿の立場で見てきたわけですが、今度は見に来てくれる人に視点を置き換えてみましょう。

noteの場合、見に来てくれた人にとっても気軽にスキ!が押せたりコメントを残せたり、またはフォローしてみたりなど、スマホ上のワンタップでアクションが起こせる仕組みになっています。WPのコミュニケーションってPCベースだからなのか、スマホでやりとりするにはちょっと重いんですよね。コメントひとつするにもメールアドレスの記入とかが必要で、SNSに慣れたユーザーにとってはなんか勇気がいります。

もっとライトに、「いいね」だけでも伝えてほしい。そんなクリエイターの気持ちを反映したUXであることもnoteを選んだ理由です。

また、noteはSNSなので、ハッシュタグやフォロワー、タイムラインを通じて記事単位で他のnoteユーザーとつながれます。ハッシュタグを使って似たような内容の記事に出会うことができ、思いもよらぬところからユーザーとつながれるのは一匹狼のWPブロガーにとってはとても新鮮な体験でした。

豆ブロとnoteの使い分け(検索はWP・エッセイはnote)

ここまでnoteはここがいいよ~みたいな話を中心にしてきましたが、今後どちらか一方のみに完全にシフトしていくというわけではありません。

AmazonやKindleなどの商品レビュー、問題解決の記録やハウツー系など、検索による流入が期待できる内容についてはこれまで通りWPブログである豆ブロへ、そして転職ネタや韓国の仕事ネタなど、エッセイ系の文章はnoteで展開…とまぁざっくりではありますが、こんな感じで使い分けていくつもりです。

noteで扱う2つのテーマ

noteで主に扱っていく予定のテーマは大きく分けて2つあります。これらのテーマはもっと読者であるあなたとライトなコミュニケーションをしたいと思っているテーマなので、noteでの展開を選びました。

息子豆太郎の韓国語成長記録

noteにはブログ形式だけでなく、Twitterのように140字以内のつぶやきで記録することができます。

現在3歳、急に話せる言葉が増えてきた長男豆太郎。彼から出てくる言葉、そしてわたしの気づきをつぶやき形式で記録していきます。

息子の豆太郎が第一言語である韓国語をどのように習得していくのか、個人的にとても興味があります。第二言語として韓国語を習得したわたしとはトライ&エラーの出方などが異なるようなので、この興味深い瞬間を切り取っていければと思っています。

noteはTwitterと異なり、つぶやきが時間の経過によりTLの彼方に消えてしまうことはありません。あとから見返すとおもしろい発見ができそうだ、そんな興味本位から始まったこのプロジェクトですが、毎日新しい文法や語彙が飛び出してくるので、取りこぼさないようにしなきゃです。
記録しっかり頼むよ~

韓国で働く枝豆ネタ

こちらはこれまでこのブログでは「韓国で働く枝豆」カテゴリで投稿してきた内容を今後はnoteにシフトしていく予定です。きっとこれからもわたしは世界中のどこにいても韓国人や韓国社会と関わって仕事をしていくと思うので、彼らと仕事をしながら感じたことをエッセイ形式で残していきたいと思っています。

具体的には「韓国で働く」をテーマに、10年前の自分が聞いておきたかった話や、韓国社会を生き抜く術、現在絶賛取組中の転職の話題などを取り上げていく予定です。

また、noteの有料機能を使ってちょっと尖った記事も出していきたいなと思っているところです。(すでに数本出してます)

ぜひこれらのテーマに関心があれば、noteでもセムをフォローしてみてくださいね

まとめ

note進出にあたり、最初は広告も貼れないし、宣伝もできない。しかも自分のドメインじゃないところにコンテンツを出していくという部分に抵抗がありました。きっと長年独自ドメインを運営している方であれば共感いただけると思います。

複数のドメインにコンテンツを分散するのはもったいないって思ってたんですよね

でも、それ以上にコンテンツにもっと手軽に反応してもらえ、コミュニケーションを生み出すきっかけとなる可能性を感じたのでnoteにも進出を決めました。また、最近はnoteの運営さんがSEO頑張ってくれているので、これからは検索流入も多少は期待できるかもしれません。(今度はnoteSEOが必要になってくるけど)

言い出したけど結局またWP単独に戻るかも…という懸念もあったのでご報告が遅くなりましたが、ようやくお知らせできるくらいにコンテンツも増えてきました。というわけでみなさま、今後は豆ブロ豆note、どちらもよろしくお願いしますm(_ _)m

まとめ豆
スキ!やコメント、もしよろしければサポート(投げ銭)や有料記事購入などで活動をサポートしていただけると嬉しいです。また、フォロワーになることで、最新記事のお知らせが届きますよ~

豆note記事一覧をチェック(noteに移動します)

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

韓国ソウルの某企業で日本マーケティング統括として働く豆。Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。

よく読まれている記事

medibangとibis 1

スマホでデジタルイラストが描ける無料お絵かきアプリのうち、メディバンかアイビスのどちらかで迷ったときに読む記事。メディバンという選択肢に自信が持てます。

noteはじめました 2

WordPressでブログやってるのにnoteにも進出したのにはちゃんと理由があるんです。

韓国の会社で働く枝豆 3

韓国語を使った仕事に就きたいというあなたのために、自身の経験談をもとに仕事の選び方と夢の叶え方をご紹介します。

在韓日本人社員に求められるスキルとは? 4

韓国で就活中の方に役立つ、韓国の企業で働きたいと思うあなたのために、実際の現場で役立つスキルをご紹介します。

アウトライナーとロジカルシンキング 5

ロジカルシンキングに興味を持ち始めたあなたに向けて、アウトライナーでロジックツリーを作成するメリットをご紹介します。

-韓国の会社で働く枝豆
-, , ,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2019 All Rights Reserved.