枝豆家と日本の話

日韓夫婦のビザ手続き: 在留資格「日本人の配偶者等」を東京入管でゲット!(在留カード受領済)

投稿日:

東京入国管理局
こんにちは、セム(@ssem1622)です。

みなさまお久しぶりでございます!

以前の記事で申請した在留資格認定証明書がようやく届き、その後在留資格変更申請を経て、ようやくようやく在留カードのゲットに至りました!

いやぁ、長かった…というわけで、この記事では在留資格認定証明書を持って入管に行き、在留カードをゲットするまでの道のりを備忘録として残しておきたいと思います。

審査期間

この手続きにどのくらいかかるの?と気になる方のために、先に日数をお知らせしておきますね。

在留資格認定証明書の審査: 67日間
在留資格変更許可申請の審査: 12日間

また、この記事は下記のような方に役立つ内容となっております。

こんな方におすすめ

  • 日韓夫婦でこれまでは韓国に長く住んでいたんだけど、このたび日本に来た(移住)
  • 新婚の時期はとっくに過ぎたので、結婚の事実および生活については十分に立証可能
  • 配偶者のために「日本人の配偶者等」在留資格が必要
  • 行政書士に依頼せず、手続きは自分でやる!

本記事は2019年7月時点の内容をもとに作成しており、かつ一個人のケースです。外国人の在留に関する法律や制度は頻繁に変更が行われます。また手続きや提出書類等は申請人の状況により大きく異なるため、あなたのケースに同様に当てはまるとは限りません。最新の情報については申請前に十分に関係官署等にお問い合わせください。

在留資格認定証明書を手に、意気揚々と入管へ

やっと出たぞ、在留資格認定証明書! ということで、書類を片手にまた東京入管へと向かいました。

持っていったもの

  • パスポート
  • 身元保証人(日本人配偶者)の印鑑
  • 写真(免許サイズ): 在留カードの証明写真になる

受け取った在留資格認定証明書を持って1階で問い合わせると、先日書いたものと同じ書類(身元保証書)・在留資格変更申請書を渡されてD(永住窓口)に行くように言われました。

Dカウンターで相談という謎のチェック

どうやら永住審査担当者との相談とやらをやるらしく、Dカウンターへ。

1時間も並んだのにたったの3分で書類チェック(身元保証書・資格変更許可申請)が終わりました。しかしここでは書類を見るだけで何もしてもらえず、これを持ってBにいけと言われます。これ並ぶ必要あったんかいな、と首をかしげつつ、Bに行くと大行列…(ガクガクブルブル) しかも、番号札をもらうための列はまた別にあるという(滝汗)

Bの番号札をもらうための列で、衝撃の事実を知る

Bの番号札をもらうのに30分並び、ようやくBカウンターに出すための書類チェックをしてもらいます。

しかしここで、衝撃の事実が判明することとなります。

なんと今日、在留カードもらえない

驚き豆
ガーン

在留資格を変更するにはまたまた審査が必要らしく、その審査も通過しないと在留カードはもらえないとのことでした。
さらに説明では、原則は在留資格認定証明書を持って本国の日本領事館でビザ発給を受けて入国するのが本来のルートだと言われ、その上で2つのやり方があると教わりました。

在留資格変更申請・2つのオプション

A. 入管で在留資格変更申請をする

  • 日本国内にはいられるけど、資格変更審査期間中は出国不可
  • もし出国した場合は在留資格認定証明書が無効となる(つまりこの3ヶ月がパーになる)
  • 今の時点で短期滞在の残りは40日弱、手続き伸びるとかなり厄介なことに

B. 本国(うちの場合は韓国)に帰国し、日本領事館でビザ発給を受け、また日本に来る

  • ソウルで何日かかるのか見当がつかない(しかしソウルは仕事が早いらしいのでお急ぎなら帰国したほうが早くて確実)
  • 住所をソウルから南の島に移した枝豆家の場合、管轄領事館はソウルなので、ソウルでの手続きが必要
  • 入国の際にすぐに在留カードが発給される(成田や羽田だと空港で即時発行)
  • この前買った飛行機がパーになる

職員さんの説明によると在留資格変更申請はよっぽどの事情がないとできないことで、本国までの距離が遠いなど、金銭的・時間的理由で帰国後日本領事館に向かうのは現実的ではないと判断された場合にのみ認められるんだそうです。ですので、いつ審査完了するかも約束できないし、通るかどうかも約束できないからどうしても日本にいなければならない事情とかがないのであれば、帰ってから再入国するのも方法だ、とかなり念を押されました。

申請自体はどちらもできるから、最終的に決めるのはあなたたち次第だと言われ、とりあえず番号札をもらって下のコンビニで家族会議を開きます。

そして30分にわたる協議の結果、「今日やって帰ろう」という結論に至りました。我が家の場合、航空券をすでに買っていたのもあり、フライト予定日までに在留カード出なかったら帰国はあきらめる覚悟での申請です。

Bカウンターで書類を提出

日本国内での「短期滞在」から「日本人の配偶者等」への在留資格変更申請に必要な書類は下記のとおりです。

  • 在留資格認定証明書
  • 身元保証書(配偶者が作成・要印鑑)
  • 在留資格変更許可申請書
  • 写真(在留カード用)
  • 通知ハガキ(番号札をもらうときに一緒にもらえるのでそれに自宅の住所を書くだけ)

ひたすら並び、ようやくBカウンターで順番が来て、書類を提出して帰りました。番号札呼ばれるまで約2時間…こりゃ下のコンビニ流行るわな。

10日後、通知ハガキ来た!

それからしばらくしたある日、ポストに1枚のハガキが!

来たぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁっ!!!!!

なんと、予約していたフライトにも間に合いそうです!
翌日すぐに入管に向かいました。といっても今回は本人いればいっか、と思ってセムダーに行かせたんですけどね(笑)

Aカウンター(在留許可)に並んで、在留カードゲット!

在留許可を得た人のみが並べる、Aカウンター。このカウンターにいる並んでる人たちは審査が終わってるという事情もあってか、表情も比較的おだやかです。

持っていったもの

  • 通知ハガキ
  • 収入印紙(4000円・下のコンビニで買える)
  • パスポート

セムダーに話を聞くと、特に何か書くということもなく、ひたすら列に並ばされたとだけ言っていました。そしてついにゲットした在留カード。就労の制限なしという美しい言葉が書いてあります!

ただ、この時点ではまだ住所が決まっていないので、住んでいる自治体に住民登録をしなければなりません。翌日一緒に住民センターに出向き、晴れて住民登録を済ませ、セムダーも東京都民になれました。

晴れて在留カードゲット!

というわけで、ついに観光客から在住者になることができたセムダー。移民準備は着々と進んでいます。親の移民は完了したので、次は子どもたちですね。

我が家の移民戦略、吉と出るか…次なるミッションは、子どもたちと一緒に住める家さがしです! というわけで応援してくださったみなさん、ビザ、出ましたよーーーーー!

X-lift_test_180229

  • この記事を書いた人

セム(@ssem1622)

東京の韓国系企業でBizDevとして働く傍ら、Udemyでイラストを教えたりなど、コンテンツを作って収益化するのが趣味であり仕事。10年ぶりの日本生活にオロオロしておりますw

よく読まれている記事

medibangとibis 1

スマホでデジタルイラストが描ける無料お絵かきアプリのうち、メディバンかアイビスのどちらかで迷ったときに読む記事。メディバンという選択肢に自信が持てます。

noteはじめました 2

WordPressでブログやってるのにnoteにも進出したのにはちゃんと理由があるんです。

韓国の会社で働く枝豆 3

韓国語を使った仕事に就きたいというあなたのために、自身の経験談をもとに仕事の選び方と夢の叶え方をご紹介します。

在韓日本人社員に求められるスキルとは? 4

韓国で就活中の方に役立つ、韓国の企業で働きたいと思うあなたのために、実際の現場で役立つスキルをご紹介します。

アウトライナーとロジカルシンキング 5

ロジカルシンキングに興味を持ち始めたあなたに向けて、アウトライナーでロジックツリーを作成するメリットをご紹介します。

-枝豆家と日本の話
-,

Copyright© 枝豆ブログ、略して豆ブロ , 2019 All Rights Reserved.